がん保険の選び方

最適ながん保険選び

通院保障は請求の面倒さもある

がん保険によっては「通院保障」が付いているがん保険があります。通院は入院のように継続性が無いので、給付金の請求という意味ではご自身での管理が必要になってくる保障です。

外来での治療が増えています

近年のがん治療の傾向としては、入院から通院へと変化しているのが大きな特長です。病院の外来への通院治療にシフトしている傾向があります。
また、がんの治療では最も多い手術は日帰り手術が行われる治療も増えています。放射線治療や抗がん剤治療であれば、入院をする必要がない場合には、通院しながら治療をされるケースも多くなってきています。
また、がんの治療後には継続的に経過をみるために通院するということもあります。
がん治療は、入院日数が短くなりました。しかしその分だけ、外来での治療にシフトしているのが最近の傾向です。
 

通院保障付のがん保険

以前のがん保険は「入院給付金」がメイン保障の保険でした。長期に入院をすると、がん保険に入っていれば助かった。という声に応えることができる保険です。しかし、先ほども書いたようにがんで入院をされる日数は減少し始め、入院給付金の対象となる入院をされないケースも増えてきました。
そこで、通院治療にも対応できるがん保険が各保険会社から発売されています。
 

通院給付金の請求

がん保険の通院保障から「通院給付金」を受け取るには、毎回給付金請求の手続きが必要です。
毎週のように通院するのであれば、通院保障に対する請求は忘れることが無いでしょう。しかし、月に1回、半年に1回程度しか通院しないということであれば、毎回の請求を忘れてしまったり、受け取れる金額に対する請求手続きの煩雑さを面倒に感じられるかもしれません。
通院をされているということは、きっと体調的にもベストな状態ではないでしょうから、毎回書類を書いて手続きをする面倒さがあるかもしれません。
 

まとめて請求する

通院給付金の請求は、まとめて請求する(半年分や1年分など)という方が多いように思います。
ある一定期間分の通院についてまとめて請求をすることで、病院から取得する診断書の文書作成料にかかる費用も抑えることができます。
一定期間分の通院をまとめて請求するためには、ご自身でも通院された日数をスケジュール帳で管理するなど、通院された日付の管理が重要になってきます。
 

注意したい日数の管理

病院が作成する診断書は最終的には人の手で作成されています。カルテなどを見て通院された日数と回数を入力し作成してくれることでしょうが、もしかすると間違って診断書に通院日数が記載されているという可能性も考えられます。
特に長期間の通院をまとめて請求される際には、受け取った診断書とご自身の通院履歴や回数に相違がないかを確認するようにしましょう。
がん保険から受け取れる通院給付金は「回数」です。何回通院したかが重要になってきますので、その数字が誤っていれば受け取れる給付金額も変わってきます。

診断給付金が大きながん保険も

通院給付金の請求はがん治療のために通院をされた回数に合わせて給付金が受け取れるような仕組みになっています。
入院よりも通院が増えているがん治療の現状に合った保障内容とも言えますが、先ほどもご紹介したように通院するたびに請求するという「請求の面倒」さがあるのも事実です。
そこで、診断給付金を多めに設定したがん保険や診断給付金が複数回受け取ることができるがん保険を選ぶことで、通院した回数ではなく、一括で給付金を受け取るようなタイプのがん保険を選ばれる方もいらっしゃいます。

給付金を計画的に使えるか

例えば、診断給付金300万円のがん保険診断給付金500万円のがん保険というように診断給付金を多めに設定したがん保険であれば、一時期に大きなお金を受け取ることが可能です。
通院給付金であれば「通院した」という結果に対して受け取ることができる給付金ですので、受取時期も遅くなり、まとまったお金を受け取るというタイプのがん保険ではありません。
しかし、大きなお金を受け取れない分だけより計画的にお金を使うということが容易になります。
ご自身が普段扱っておられるお金の大きさや正確にもよりますが、ご自身にとって最適ながん保障の形態を見つけられることが望ましいのではないでしょうか。
 

保険の選び方

医療保険はどんな保険?
LinkIcon生命保険料控除の疑問
LinkIcon医療保険の見直し方
LinkIcon医療保険の通院特約は必要か?
LinkIcon医療保険の見直しタイミング
LinkIcon離婚をしたら保険はどうなる?
LinkIcon医療保険に入らない人の理由は?
LinkIcon医療保険に保険料免除は付ける?
LinkIcon将来見直しができる医療保険がおススメ
0歳から加入できる一生涯保障の医療保険
LinkIcon妊娠出産でも医療保険は保障の対象ですか?
医療保険が必要な人と必要でない人
医療保険の加入率は?
ネットで医療保険加入の選び方
保険料が無料になる医療保険
妊娠していますが医療保険に入れますか?
医療保険のパンフレットで確認したいこと
医療保険とがん保険のセット商品
夫婦型保険加入時の注意点
お祝い金付の医療保険の方がお得ですか?
一括払の医療保険
いろいろ保障がある方が安心ですか?
保険料を安くするなら定期タイプ
ダブっている保障はないか?
経営者の医療保険は法人契約がベスト?
自営業者の医療保険
医療保険に入り直す際の注意点
医療保険は入り直した方が安い?
生命保険料控除を使って節税?
医療保険なのに介護医療保険料控除?
差額ベッド代を確保するために医療保険に加入
医療保険に加入しないという選択肢も
医療保険からお金がもらえない場合
医療保険ってなに?
公的な健康保険と医療保険の違い
医療保険は必要ですか?
もし入院したら?
こどもの医療保険は必要?
医療保険とがん保険の違い
医療保険に入るベストタイミングは?
医療保険と健康保険の違い
保障期間はいつまでがいいのか?
医療保険の通院保障は必要か?
払済保険のメリットとデメリット
放射線治療保障がない保険は見直すべき?
先進医療保障が無い医療保険は意味がない?
クーリングオフ制度ってなに?
いつから保障が開始されるのか?
クレジットカード払でポイントが貯まる
告知書に記入すべき事項がある場合の対策
病気等による加入制限のパターン
申込をしても加入できない?
日帰り入院でも受け取れるとは?
医療保険の加入制限はありますか?
終身?定期?の違いは?
入院は何日でも?
病気の人でも入れる医療保険
持病がある人でも入れる医療保険の選び方
医療保険「払済」タイプのデメリット
女性向け医療保険には入った方がお得?
お金を貯めるなら医療保険より貯蓄
入院日数が短くなっている2つの理由
通院保障付きの医療保険は必要か?
お祝い金付き保険の選び方
離婚と保険の見直し
給付金は請求しないと受け取れない?
交通事故でも医療保険は使える?
複数の保険会社に加入していても大丈夫?
受け取った給付金は非課税
医療保険をやめるには?
こどもに契約を移すことは可能?
本人に病気を知らせていなくても請求できますか?
入院したら誰が請求するのですか?
入院していたことを忘れて解約しましたが請求できますか?
保険の断り方
がん保険の基本保障
LinkIcon夫婦型のがん保険のデメリット
入院日数の制限はありますか?
がん保険には様々な給付がある
保障内容をシンプルにして保険料を抑える
診断給付金複数回払いの注意点
がんと仕事の心配
通院保障は請求の面倒さもある
がん保険と医療保険の組み合わせ
がん保険の保険料を抑えるなら定期タイプ
上皮内新生物とは?
一時金タイプと都度給付タイプ
がん保険と医療保険のセット商品
がん保険に加入したら家族と情報共有
がんに罹患した人の保険選び
がん保険の請求は慎重に
民間療法や代替療法は保障の対象?
がん保険と三大疾病保険は違います
がん保険に入っていても保障されないことはありますか?
がん保険と医療保険はまったく違う保険です
がん保険には「終身と定期」の2タイプがあります
がんになったら必ずがん保険が役立つわけではありません
古いがん保険でも役に立つのでしょうか?
がん保険は発売から40年の保険です。
がん保険には保障されない期間があります
がん保険加入の最低条件は?
医療保険に入っているのでがん保険は不要ですか?
旧いがん保険と新しいがん保険の違いは?
がんになったら誰が請求するのですか?
がん保険に入っていても保険が使えない?
がん保険の解約は簡単ですが
通院が保障されないがん保険
がん保険の加入は家族に知らせる
JR千里丘駅前のアフラック
医療保険相談室
保険料の調べ方
生命保険料控除