がん保険の選び方

最適ながん保険選び

がん保険には様々な給付がある

日本では様々なタイプのがん保険が発売されています。がん保険選びで最も困るのは、どのような給付(保障内容)を選択するのが自分にとっては最適ながん保険選びになるのか?ということではないでしょうか。

がん保険は多種多様

現在、日本の各保険会社からは様々な種類、タイプのがん保険が発売されています。
各保険会社は「給付内容(保障内容)」に違いを出すことで、がん保険の商品特性の違いをPRしています。
それぞれの保険会社、がん保険によって違いがあり、強みが違います。
現在発売されているがん保険の主な給付内容はは以下のようなものが多くなっています。
 

主な保障内容

給金の金額は一例です。給付金額や名称は保険会社、保険商品によって異なります。
◆診断一時金(診断給付金)/がんと診断されたら100万円
◆入院/1日につき1万円
◆手術/1回につき20万円
◆通院/1日につき1万円
◆放射線治療/治療1回(1クール)につき20万円
◆抗がん剤治療/治療を受けた月に10万円
◆先進医療/技術料の自己負担金額
◆女性特定手術/女性特定の手術1回につき20万円
◆乳房再建/手術1回につき50万円

 
この他にも様々な保障(給付タイプ)が出ています。
保険会社によっては、保障を組み合わせることで自分だけのオリジナルのがん保険を契約できる保険会社もあります。
また、一部の保障を突出して多くし、逆に他の保障を削ることで、保障内容と保険料を魅力的にするような工夫をしている保険会社もあります。
 

保険料と保障内容

保障内容は手厚くなるほど、保険料は高くなります。
上記のようにがん保険の保障内容が多岐に渡っているのには理由があります。
以前のがん保険は「入院給付金」がメインのがん保険が多くありました。がん保険が発売された当初(1970年代~)は「がんは不治の病」であり、現在のようにがんが早期発見されるような検査機器や検査を受ける意識も日本人には無かったため、がんと診断された時には「長期の入院」をすることが当たり前という時代でもありました。そのため、長期入院を経験した患者さんやその家族からは、入院期間中にがん保険から給付金を受け取ることができて助かったという声が多かったのではないでしょうか。
ところが、医療技術の発達、健康保険制度の変更等により、がんの治療法は大きく変化してきました。
以前のがん治療と言えば「手術」がメインです。
がんと診断されると、入院をして、手術をして、身体の状態が回復するまで入院中にリハビリ。というように入院が長引く傾向にありました。
 

最近のがん治療

最近のがん治療の傾向は入院をしない、または入院の短期化です。
入院をせずに通院(外来)でがんの放射線治療を受ける方。
身体に負担の少ない手術も増えましたので、日帰りで手術を受け、その後は通院治療をされるという方もいます。また手術前後に入院をしても、以前のように長期入院をされるケースが少なくなっています。
治療技術の発達したことによるメリットの一つは、手術を受けても身体への負担が少なくなったことです。そのため入院期間は短く、外来(通院)で治療を継続することができるようになったのです。そのため、通院による治療が増えている傾向にあります。
 

通院保障付のがん保険

がん治療の最近の傾向を考慮するのであれば「通院保障」が充実した「がん保険」がおススメということになります。医療技術の発達、診療報酬制度の改定、病院のベッド数が減少、という傾向性からも通院保障付のがん保険の重要性を感じます。
しかし、がん保険に関しては確実な答えがないのも事実です。それは将来、どのようにがん治療が変わっていくかが分からないからです。
 

一時金が充実したがん保険

そこで、一つの考え方として「一時金」として受け取れる給付金が充実しているがん保険を選ぶということも考えられます。
一般的ながん保険は、保険会社が定める一定の行為(入院、手術、通院等)に対して、その都度、既定の給付金を支払うタイプの保険です。
例えば、入院7日、手術1回、通院10日という治療内容の結果に対して、給付金が受け取れます。そのため給付金の受取りは、治療が終わり、医師の診断書を取得した後となります。
一時金タイプは、一度に多額の給付金を受け取ることができるのが特長です。診断給付金は「がんと診断されたら〇〇〇万円」というように、保険料に合わせて保障額を設定することができます。このようにして受け取る給付金であれば、上記のように治療内容に関係なくお金の使い方は自由です。
 

がん保障を組み合わせる

がんの治療は将来的にはどうなるのか分からない。ということであれば、保障をうまく組み合わせて、ご自身にとって最も都合の良いがん保険の入り方が理想です。
がん保険は保険会社のパッケージ商品と思われがちですが、様々な保険会社の保障を組み合わせることにより、自分に合ったがん保険の保障を持つことも可能です。
がん保険の基本的な仕組みを知った上で、ご自身で納得できるがん保険選びをされてはどうでしょうか?
 

保険の選び方

医療保険はどんな保険?
LinkIcon生命保険料控除の疑問
LinkIcon医療保険の見直し方
LinkIcon医療保険の通院特約は必要か?
LinkIcon医療保険の見直しタイミング
LinkIcon離婚をしたら保険はどうなる?
LinkIcon医療保険に入らない人の理由は?
LinkIcon医療保険に保険料免除は付ける?
LinkIcon将来見直しができる医療保険がおススメ
0歳から加入できる一生涯保障の医療保険
LinkIcon妊娠出産でも医療保険は保障の対象ですか?
医療保険が必要な人と必要でない人
医療保険の加入率は?
ネットで医療保険加入の選び方
保険料が無料になる医療保険
妊娠していますが医療保険に入れますか?
医療保険のパンフレットで確認したいこと
医療保険とがん保険のセット商品
夫婦型保険加入時の注意点
お祝い金付の医療保険の方がお得ですか?
一括払の医療保険
いろいろ保障がある方が安心ですか?
保険料を安くするなら定期タイプ
ダブっている保障はないか?
経営者の医療保険は法人契約がベスト?
自営業者の医療保険
医療保険に入り直す際の注意点
医療保険は入り直した方が安い?
生命保険料控除を使って節税?
医療保険なのに介護医療保険料控除?
差額ベッド代を確保するために医療保険に加入
医療保険に加入しないという選択肢も
医療保険からお金がもらえない場合
医療保険ってなに?
公的な健康保険と医療保険の違い
医療保険は必要ですか?
もし入院したら?
こどもの医療保険は必要?
医療保険とがん保険の違い
医療保険に入るベストタイミングは?
医療保険と健康保険の違い
保障期間はいつまでがいいのか?
医療保険の通院保障は必要か?
払済保険のメリットとデメリット
放射線治療保障がない保険は見直すべき?
先進医療保障が無い医療保険は意味がない?
クーリングオフ制度ってなに?
いつから保障が開始されるのか?
クレジットカード払でポイントが貯まる
告知書に記入すべき事項がある場合の対策
病気等による加入制限のパターン
申込をしても加入できない?
日帰り入院でも受け取れるとは?
医療保険の加入制限はありますか?
終身?定期?の違いは?
入院は何日でも?
病気の人でも入れる医療保険
持病がある人でも入れる医療保険の選び方
医療保険「払済」タイプのデメリット
女性向け医療保険には入った方がお得?
お金を貯めるなら医療保険より貯蓄
入院日数が短くなっている2つの理由
通院保障付きの医療保険は必要か?
お祝い金付き保険の選び方
離婚と保険の見直し
給付金は請求しないと受け取れない?
交通事故でも医療保険は使える?
複数の保険会社に加入していても大丈夫?
受け取った給付金は非課税
医療保険をやめるには?
こどもに契約を移すことは可能?
本人に病気を知らせていなくても請求できますか?
入院したら誰が請求するのですか?
入院していたことを忘れて解約しましたが請求できますか?
保険の断り方
がん保険の基本保障
LinkIcon夫婦型のがん保険のデメリット
入院日数の制限はありますか?
がん保険には様々な給付がある
保障内容をシンプルにして保険料を抑える
診断給付金複数回払いの注意点
がんと仕事の心配
通院保障は請求の面倒さもある
がん保険と医療保険の組み合わせ
がん保険の保険料を抑えるなら定期タイプ
上皮内新生物とは?
一時金タイプと都度給付タイプ
がん保険と医療保険のセット商品
がん保険に加入したら家族と情報共有
がんに罹患した人の保険選び
がん保険の請求は慎重に
民間療法や代替療法は保障の対象?
がん保険と三大疾病保険は違います
がん保険に入っていても保障されないことはありますか?
がん保険と医療保険はまったく違う保険です
がん保険には「終身と定期」の2タイプがあります
がんになったら必ずがん保険が役立つわけではありません
古いがん保険でも役に立つのでしょうか?
がん保険は発売から40年の保険です。
がん保険には保障されない期間があります
がん保険加入の最低条件は?
医療保険に入っているのでがん保険は不要ですか?
旧いがん保険と新しいがん保険の違いは?
がんになったら誰が請求するのですか?
がん保険に入っていても保険が使えない?
がん保険の解約は簡単ですが
通院が保障されないがん保険
がん保険の加入は家族に知らせる
JR千里丘駅前のアフラック
医療保険相談室
保険料の調べ方
生命保険料控除