がん保険の選び方

最適ながん保険選び

医療保険に入っているのでがん保険は不要?

医療保険に入っている方から「がん保険は必要ですか?」と聞かれることがあります。がん保険と医療保険はどのように選べばいいのでしょうか?

2人に1人はがんになる

「がん」は日本人の死亡原因第1位となっています。
2人に1人の確率で生涯の内に「がん」になると言われています。
日本人が「がん」になる確率は非常に高いと言えます。その一方、医療技術の発達により早期発見、早期治療により完治が可能な病気でもあります。
 

がんの治療費

気になるのはがんの治療にかかるお金です。
医療保険加入されていれば、がんによる治療も保障の対象です。しかし、医療保険だけで万全なのでしょうか?がん保険の必要性について考えてみます。
 

がん保険は医療保険より役に立つのか?

医療保険は病気やケガに対して幅広く保障するのが特長です。幅広く保障しますので、特定の病気に対して手厚く保障されるわけではありません。がん治療は、ほかの病気やケガと違って治療に関わる費用が高額にある場合があります。
 
入院期間は短くなる傾向にありますが、治療自体は長引くという特長があります。
通常の医療保険に加入していた場合、医療保険の保障は「入院・手術」の保障がメインです。入院日数に応じて入院給付金が支払われるため、外来で通院をしながら治療を続ける場合には保障がないことがあります。
 

広い保障の医療保険で対応

最近では、通院給付金の保障が付いた医療保険もあります。
医療保険の通院保障は、入院後、入院前後の通院に対して30日以内までというように通院給付金が受け取れる範囲が限定されている場合が多いです。
がんは抗がん剤治療等で長期間にわたって通院治療が必要になる可能性がありますので、がん治療に対する治療としては医療保険だけでは十分とは言えないケースもあります。
また、三大疾病保障を特約で付けられる医療保険もあります。
 

高額療養費制度

もし、多額の治療費が必要になったとしても、高額療養費制度が利用することで、医療費が制限なく上がっていくようことはありません。
高額療養費制度を利用できたとしても自己負担額は毎月8万円程度が必要です。
がん治療ではその費用が何ヶ月も続く可能性もあります。
 

がん保険は「がん治療」に特化した保険

がん保険は「がん」の治療に備えるための保険です。
大きくは4つの保障があります。
 
◆がんと診断されたときに一時金が受け取れる「がん診断給付金」
◆がんで入院した日数分の保障「がん入院給付金」
◆がんの手術・放射線治療をした場合の保障「がん手術・放射線治療給付金」
◆がんで通院した場合の「がん通院給付金」
 
さらに特約で、がんで抗がん剤治療、先進医療治療をした時に保障を受け取れるものもあります。それぞれの保障範囲はがん保険の種類や保険会社により異なります。
A社のがん保険では出たけど、B社では対象外だったということがあります。
保障内容をよく確認して比較検討しましょう。
 
「入院給付金」は日額1万円以上が一般的ですが、5,000円という設定を選べる保険会社もあります。「手術給付金」は入院給付金日額に応じた倍率で保障が決まるようになっているケースが多いです。
 

医療保険と組み合わせる

医療保険に既に加入されている場合は、医療保険からも入院や手術の保障が確保できていることがあります。
例えば、入院給付金は1万円あれば十分ということであれば、がん保険から5,000円、医療保険から5,000円を受け取ることでトータル10,000円の入院保障を確保するという考え方もできます。
 

通院保障が特長的

「通院給付金」は、1回通院するごとに受け取れる給付金です。
近年は入院日数が減り、外来による通院治療が増えていますので保険会社も力を入れてる保障です。
通院保障に関する規定は保険会社、またがん保険の種類によっても異なります。
どういう状態で通院保障が適用されるのかを事前に確認しておくことは大切です。
 

がん保険のデメリットと注意点

がん保険はがんの保障に限定することで、通常の医療保険より保険料が安かったり、保障内容が充実しているのが特長です。
また、掛け捨てのがん保険が多く、保障代としての保険料を払うという感覚の保険です。
しかしがん保険に加入していたとしても「がん」に罹患しなければ支払った保険料は保障代として支払っただけ。ということになります。
それを「安心料」と考える方も多いですが、ご自身の保険料負担、家計での負担と保障内容の十分な検討が重要です。
がん保険の加入は、一度でもがんになったことがある人は加入することができません。がんが心配なのであれば、少しでも若くて健康なうちに加入しておくのがベストです。
 

保険の選び方

医療保険はどんな保険?
LinkIcon将来見直しができる医療保険がおススメ
0歳から加入できる一生涯保障の医療保険
LinkIcon妊娠出産でも医療保険は保障の対象ですか?
医療保険が必要な人と必要でない人
医療保険の加入率は?
ネットで医療保険加入の選び方
保険料が無料になる医療保険
妊娠していますが医療保険に入れますか?
医療保険のパンフレットで確認したいこと
医療保険とがん保険のセット商品
夫婦型保険加入時の注意点
お祝い金付の医療保険の方がお得ですか?
一括払の医療保険
いろいろ保障がある方が安心ですか?
保険料を安くするなら定期タイプ
ダブっている保障はないか?
経営者の医療保険は法人契約がベスト?
自営業者の医療保険
医療保険に入り直す際の注意点
医療保険は入り直した方が安い?
生命保険料控除を使って節税?
医療保険なのに介護医療保険料控除?
差額ベッド代を確保するために医療保険に加入
医療保険に加入しないという選択肢も
医療保険からお金がもらえない場合
医療保険ってなに?
公的な健康保険と医療保険の違い
医療保険は必要ですか?
もし入院したら?
こどもの医療保険は必要?
医療保険とがん保険の違い
医療保険に入るベストタイミングは?
医療保険と健康保険の違い
保障期間はいつまでがいいのか?
医療保険の通院保障は必要か?
払済保険のメリットとデメリット
放射線治療保障がない保険は見直すべき?
先進医療保障が無い医療保険は意味がない?
クーリングオフ制度ってなに?
いつから保障が開始されるのか?
クレジットカード払でポイントが貯まる
告知書に記入すべき事項がある場合の対策
病気等による加入制限のパターン
申込をしても加入できない?
日帰り入院でも受け取れるとは?
医療保険の加入制限はありますか?
終身?定期?の違いは?
入院は何日でも?
病気の人でも入れる医療保険
持病がある人でも入れる医療保険の選び方
医療保険「払済」タイプのデメリット
女性向け医療保険には入った方がお得?
お金を貯めるなら医療保険より貯蓄
入院日数が短くなっている2つの理由
通院保障付きの医療保険は必要か?
お祝い金付き保険の選び方
離婚と保険の見直し
給付金は請求しないと受け取れない?
交通事故でも医療保険は使える?
複数の保険会社に加入していても大丈夫?
受け取った給付金は非課税
医療保険をやめるには?
こどもに契約を移すことは可能?
本人に病気を知らせていなくても請求できますか?
入院したら誰が請求するのですか?
入院していたことを忘れて解約しましたが請求できますか?
がん保険の基本保障
LinkIcon夫婦型のがん保険のデメリット
入院日数の制限はありますか?
がん保険には様々な給付がある
保障内容をシンプルにして保険料を抑える
診断給付金複数回払いの注意点
がんと仕事の心配
通院保障は請求の面倒さもある
がん保険と医療保険の組み合わせ
がん保険の保険料を抑えるなら定期タイプ
上皮内新生物とは?
一時金タイプと都度給付タイプ
がん保険と医療保険のセット商品
がん保険に加入したら家族と情報共有
がんに罹患した人の保険選び
がん保険の請求は慎重に
民間療法や代替療法は保障の対象?
がん保険と三大疾病保険は違います
がん保険に入っていても保障されないことはありますか?
がん保険と医療保険はまったく違う保険です
がん保険には「終身と定期」の2タイプがあります
がんになったら必ずがん保険が役立つわけではありません
古いがん保険でも役に立つのでしょうか?
がん保険は発売から40年の保険です。
がん保険には保障されない期間があります
がん保険加入の最低条件は?
医療保険に入っているのでがん保険は不要ですか?
旧いがん保険と新しいがん保険の違いは?
がんになったら誰が請求するのですか?
がん保険に入っていても保険が使えない?
がん保険の解約は簡単ですが
通院が保障されないがん保険
がん保険の加入は家族に知らせる
JR千里丘駅前のアフラック
医療保険相談室
保険料の調べ方
 
ゴールドリボンウォーク