医療保険の選び方を解説

保険選び

医療保険は病気やケガで入院や手術をした時の金銭的、経済的なリスクに備えるための保険商品です。
医療保険は基本的には保障内容がシンプルな商品が多いのが特長です。そのため、医療保険の基本事項をおさえることで医療保険のパンフレットの内容は簡単に理解できるようになります。
医療保険の基礎知識を備えた上でご自身にピッタリな医療保険の比較検討をすることで、医療保険選びがとても簡単になることでしょう。また、医療保険を見直したい、がん保険を見直したいといった方にもお役立ていただける内容となっています。

LinkIcon医療保険の選び方の続きを読む

医療保険はどんな保険?
LinkIcon生命保険料控除の疑問
LinkIcon医療保険の見直し方
LinkIcon医療保険の通院特約は必要か?
LinkIcon医療保険の見直しタイミング
LinkIcon離婚をしたら保険はどうなる?
LinkIcon医療保険に入らない人の理由は?
LinkIcon医療保険に保険料免除は付ける?
LinkIcon将来見直しができる医療保険がおススメ
0歳から加入できる一生涯保障の医療保険
LinkIcon妊娠出産でも医療保険は保障の対象ですか?
医療保険が必要な人と必要でない人
医療保険の加入率は?
ネットで医療保険加入の選び方
保険料が無料になる医療保険
妊娠していますが医療保険に入れますか?
医療保険のパンフレットで確認したいこと
医療保険とがん保険のセット商品
夫婦型保険加入時の注意点
お祝い金付の医療保険の方がお得ですか?
一括払の医療保険
いろいろ保障がある方が安心ですか?
保険料を安くするなら定期タイプ
ダブっている保障はないか?
経営者の医療保険は法人契約がベスト?
自営業者の医療保険
医療保険に入り直す際の注意点
医療保険は入り直した方が安い?
生命保険料控除を使って節税?
医療保険なのに介護医療保険料控除?
差額ベッド代を確保するために医療保険に加入
医療保険に加入しないという選択肢も
医療保険からお金がもらえない場合
医療保険ってなに?
公的な健康保険と医療保険の違い
医療保険は必要ですか?
もし入院したら?
こどもの医療保険は必要?
医療保険とがん保険の違い
医療保険に入るベストタイミングは?
医療保険と健康保険の違い
保障期間はいつまでがいいのか?
医療保険の通院保障は必要か?
払済保険のメリットとデメリット
放射線治療保障がない保険は見直すべき?
先進医療保障が無い医療保険は意味がない?
クーリングオフ制度ってなに?
いつから保障が開始されるのか?
クレジットカード払でポイントが貯まる
告知書に記入すべき事項がある場合の対策
病気等による加入制限のパターン
申込をしても加入できない?
日帰り入院でも受け取れるとは?
医療保険の加入制限はありますか?
終身?定期?の違いは?
入院は何日でも?
病気の人でも入れる医療保険
持病がある人でも入れる医療保険の選び方
医療保険「払済」タイプのデメリット
女性向け医療保険には入った方がお得?
お金を貯めるなら医療保険より貯蓄
入院日数が短くなっている2つの理由
通院保障付きの医療保険は必要か?
お祝い金付き保険の選び方
離婚と保険の見直し
給付金は請求しないと受け取れない?
交通事故でも医療保険は使える?
複数の保険会社に加入していても大丈夫?
受け取った給付金は非課税
医療保険をやめるには?
こどもに契約を移すことは可能?
本人に病気を知らせていなくても請求できますか?
入院したら誰が請求するのですか?
入院していたことを忘れて解約しましたが請求できますか?
保険の断り方
がん保険の基本保障
LinkIcon夫婦型のがん保険のデメリット
入院日数の制限はありますか?
がん保険には様々な給付がある
保障内容をシンプルにして保険料を抑える
診断給付金複数回払いの注意点
がんと仕事の心配
通院保障は請求の面倒さもある
がん保険と医療保険の組み合わせ
がん保険の保険料を抑えるなら定期タイプ
上皮内新生物とは?
一時金タイプと都度給付タイプ
がん保険と医療保険のセット商品
がん保険に加入したら家族と情報共有
がんに罹患した人の保険選び
がん保険の請求は慎重に
民間療法や代替療法は保障の対象?
がん保険と三大疾病保険は違います
がん保険に入っていても保障されないことはありますか?
がん保険と医療保険はまったく違う保険です
がん保険には「終身と定期」の2タイプがあります
がんになったら必ずがん保険が役立つわけではありません
古いがん保険でも役に立つのでしょうか?
がん保険は発売から40年の保険です。
がん保険には保障されない期間があります
がん保険加入の最低条件は?
医療保険に入っているのでがん保険は不要ですか?
旧いがん保険と新しいがん保険の違いは?
がんになったら誰が請求するのですか?
がん保険に入っていても保険が使えない?
がん保険の解約は簡単ですが
通院が保障されないがん保険
がん保険の加入は家族に知らせる

CONCEPT

医療保険の選び方

医療保険は現在、数多くの保険会社から発売されています。また、多くの保険会社では医療保険やがん保険を主力商品として販売に力を入れています。そのため、保険会社間の競争が激しく次々と新商品が投入されているような状況です。
保険会社が医療保険を主力商品として扱うことにより保険商品の選択肢は増え続けています。また販売競争が過熱することで医療保険の保険料は下げることで保険商品の魅力を高めようとする保険会社もあります。
医療保険の保険料が下がることは、保険商品を購入する側にとっては嬉しいことではあります。
一方、医療保険を選び、加入する側からすると、あまりにも多くの保険会社から医療保険の商品が発売されているため「どうやって、どの医療保険を、どんな基準で選べばいいのか?」がよく分からないという声をよく聞きます。
そこで、医療保険の選び方ホームページを通じて、医療保険をどうやって選べばいいのか?といった医療保険選びに少しでもお役立ていただける情報の提供となれば嬉しいです。





日本では様々なタイプの保険が発売されていますが、その中でも「医療保険」というのは非常に仕組みが簡単で、シンプルなわかりやすい保険商品の一つです。
そんな医療保険を選ぶ際に、医療保険選びを難しく感じてしまうのは、医療保険に関する情報があまりにも多いからという理由が考えられます。
医療保険は死亡保険とは違い、生きている間に保障を受けることができる保険です。ご自身が亡くなった後に遺された誰かのために役立つ保険ではなく、ご自身が生きている間に自分自身のために利用する保険ということで人気が高まっています。そのため、様々な保険会社が医療保険を主力商品の一つとして販売しています。 
医療保険は基本を抑えればとてもシンプルな保障内容の保険商品です。
そこでまずは、医療保険に加入される目的を明確にすることで、目的に合った医療保険選びをすることができます。そのためには、医療保険に関する基本的な知識を身につけていただくことで、ご自身の中に医療保険を選ぶ基準を持つことができるようになります。そのお手伝いがこのサイトを通じてできればと考えています。

 

医療保険は本当に必要か?

もっとも基本的なテーマとして重要なのは、あなたにとって「医療保険は本当に必要なのか?」ということです。
多くの人は医療保険を選ぶ、医療保険に加入するという前提で医療保険選びについて考えられていますが、本当に医療保険に入る必要があるのか?を考えることが大切です。
 

  • 医療保険に入っておかないと病気になると困る
  • 医療保険に入っておかないと安心できない
  • みんな医療保険に入っているらしい
  • 医療保険があれば病気になっても安心できる

 
インターネットのニュース記事やブログ、雑誌や新聞等のメディアでは医療保険に関する様々な情報が掲載されています。情報を見ることで「医療保険に入らないといけない!」という思い込みがいつの間にか作られているのかもしれません。
例えば、以下のような人は医療保険に加入する必要性が低いと考えられます。

  • 貯蓄などの現金資産が十分にある人
  • 病気になっても資金的に困らない人
  • 会社の福利厚生が充実している人
  • 支払う保険料以上のお金を保険から受け取りたいと考えている人

 
人によって考え方は様々ですが、現金による資産が十分にあり、病気やケガで入院をしても日常の生活に大きく支障をきたすことがない。というような方は、医療保険に加入する必要性がかなり低くなります。
上記の逆で、医療保険に加入する必要性が高い人というのは以下のような方です。

  • 貯蓄などの現金資産が少ない人・家庭
  • 入院や通院などの医療費の負担が心配な人
  • 自営業等で入院による休業リスクが高い人
  • お子様が小さい家庭

 
このような方は、病気やケガをして入院や通院が長引くことにより、日々の生活に大きな影響を与える可能性が高くなってしまう方です。医療保険で病気やケガに備えることで、実際に病気やケガをして入院や手術となった場合であっても、経済的な面では安心して治療に専念することができます。
お金の心配をしながら、治療にあたり、入院生活を送ることは精神的な負担も大きくなってしまい、本来の目的である病気を治すということを妨げてしまう可能性もあります。
医療保険では病気を治すことはできません。医療保険がもたらす経済的な安心感、負担の軽減によって病気の治療をサポートするための存在です。
ご自身にとって適切な医療保険を選んでいただくことで、安心できるパートナーを手に入れていただければ嬉しく思います。

 

医療保険選びの5つのポイント

医療保険を選ぶ、医療保険を見直す際には以下の5つのポインを参考にして選ばれることをおススメしています。

  • 入院日額の金額(1日5,000円、10,000円など)
  • 手術給付金のタイプ(一律型、倍数型、手術給付金の有無を選択できるかなど)
  • 保険期間(一生涯保障の終身型、期間限定の満期型)
  • 払込期間(一生涯、60歳まで、10年満期までなど)
  • 特約の有無と内容

 

医療保険の入院日額の選び方

医療保険を選ぶ際に決めなければならい項目の一つが「入院日額」です。
入院日額は、医療保険の基本になる「口数」のようなものです。
基本的には入院日額5,000円をスタートにして1,000円単位で入院日額を決めることができます。また、加入時の年齢、職業などにより入院日額の最高額は決まっていますので、例えば入院日額10万円の医療保険には加入することはできません。
「入院日額」は、入院を1日したらいくら受け取るのか?という金額の設定です。10日間入院をしたとして、
①入院日額5,000円×10日間=5万円受取
②入院日額10,000円×10日間=10万円受取
というように設定する入院日額の金額によって、給付金の受取金額が変わります。また入院日額が高くなるほど、保険料は高くなります。
同じ医療保険で、入院日額5,000円と入院日額10,000円では、支払う保険料は倍になります。
入院日額は入院をした際に必要となる医療費等の負担額を想定して加入時に決定します。
入院をすると医療費がかかる」というのは事実ですが、「高額療養費制度」により払い戻される分がありますので、すべてを医療保険でカバーしなければならないということはありません。
しかし、実際に入院をするとなると医療費だけではなく、入院中の家族の生活費、お見舞いにくる家族の交通費がかかります。独身の方であっても、賃貸の住居であれば家賃や光熱費の負担があります。また、残業代や営業手当などの各種手当を受け取っている方、時給でお仕事をされている方は入院中は仕事に行けなくなることで、実質的な収入が減る可能性が考えられます。
また、年齢が高まるほど病気へのリスクが高まります。年齢に応じた必要な保障額を確保することが大切です。
 

手術給付金の違い

先ほどご紹介した入院給付金については、どの保険会社の医療保険であっても大きな違いはありませんが、「手術給付金」については保険会社、医療保険の種類によって受け取れる給付金に違いがあります。
手術給付金に大きく分けて2つのタイプがあります。
①一律タイプ(10万円など)
②手術の内容に応じるタイプ(入院給付金日額の40倍、20倍、10倍など)
 
そして、注意したいのが保険会社、医療保険の種類によっては手術給付金の対象となる手術が異なるということです。
加入を検討されている医療保険で「対象にならない手術はなにか?」を事前に確認されておくのがおススメです。
 

いつまで保障が続くのか?(保険期間)

医療保険の保険期間は、医療保険の商品によって異なります。
大きくは2つです。
①一生涯保障が続く終身タイプ
②一定期間保障の定期タイプ
いつまでの保障が必要なのかは人によって異なります。
一定期間だけ手厚い保障が必要。という人もいれば、ずっと保障が続く方が安心が得られるという人もいます。
ご自身にとって、いつまで続く保障が必要なのかを考えることが重要です。
 

いつまで保険料を払うのか?(払込期間)

医療保険は「いつまで保険料を払うのか?」を加入時に選択することができます。(*保険商品によっては、選択が限定されています)
①一生涯払う
②一定期間払う
③一括で払う
それぞれにメリットとデメリットがあり、選択すべき医療保険の払い方は人によって異なります。
 
 

NEWS

JR千里丘駅前のアフラック
医療保険相談室
保険料の調べ方
生命保険料控除