医療保険の選び方

最適な医療保険選び

医療保険払い済みのメリット

医療保険には「払い済み」というタイプの払い方があるようですが、他の医療保険とはどう違うのでしょうか?払い済みにはメリットはあるのでしょうか?

払い済みタイプの医療保険とは?

医療保険の内、一生涯保障が続く「終身タイプ」の医療保険には、保険会社や保険種類によって払い方の種類がいくつか用意されています。
①保険期間中(一生涯)保険料を払い続けるタイプ
②一定期間だけ保険料を払うタイプ(払済)

払い済みタイプの医療保険は、一定期間だけ保険料を払うタイプの医療保険です。保険料を一定期間で払い終わると、その後は保険料の負担なしに保障が続くような仕組みになっています。

払い済み医療保険のメリット

終身タイプの医療保険に加入することで、保障が一生涯続くのは安心できるが、一生涯保険料を払い続けるのは将来的な負担が重くなりそうで不安がある。
というような方にとっては、
保険料の支払いを早く終わらせることができれば、収入が減る将来も安心して保障を持つことができるのではないか?というのが、払い済みタイプの医療保険の最大のメリットです。
 
 

デメリット①保険料が高い

払い済みタイプの医療保険は将来の保険料負担が軽くなるという反面、毎回の保険料の支払が高くなるというデメリットがあります。
ある一定の期間内で保険料を払い込んでしまいますので、将来の保険料負担分も見越して先に保険料を支払うような方法です。
そのため、最初のご紹介した「一生涯保険料を払い続けるタイプ」の医療保険に比べると保険料は確実に高くなります。
払い済みタイプは、将来的には保険料負担が軽くなるのがメリットですが、毎月の保険料の支払が負担となり、保険料の支払いを継続できなくなってしまっては意味がありません。
毎回支払う保険料が、ご自身の収入等にとって最適な額であるかどうかを判断することも重要です。
 

デメリット②保険が見直しにくい

将来の保険料負担分も見越して保険料を支払うのが「払い済みタイプの医療保険」です。
保険料の支払いが終われば、保険料の負担なく保障を継続することができますので、「保険を解約する」ということはあまり考えることはないでしょう。
しかし、医療保険の内容は進化しています。数年ごとにリニューアルした新商品が保険会社から発売されています。
もしかすると、払い済みタイプで加入した医療保険の内容が時代にそぐわない内容になる日がくるかもしれません。
将来、保険の内容を見直したい。新しく発売された医療保険の方が魅力的で切り替えたい。といった要望があったとしても、見直しがやりにくいのが払い済みタイプの医療保険です。
 

デメリット③早期の契約終了は損になる

払い済みタイプの医療保険は、長生きをして長く継続することでより大きなメリットが得られるのが特長です。
しかし、人生はどのようなことが起こるか分かりません。人の寿命もまた、人それぞれです。
基本的なラインとして平均寿命よりも長く生きた人は、払い済みタイプの医療保険に加入するメリットは大きくなりますが、早くに亡くなられるほど保険料の支払の総額としては損になる可能性があります。
また、保険料を支払うのが厳しくなったり、他の保険に切り替えたい。という希望から医療保険の契約を終了(解約)した場合はデメリットが大きくなります。
払い済みタイプの医療保険の契約は、将来的な医療保険の必要性、毎回の保険料の負担額を検討されるのがおススメです。
 

医療保険の払い済みの期間

払い済みタイプの医療保険は各保険会社から発売されていますが、払い済みとなる期間は保険会社によって異なります。
最も多いタイプは
60歳払済、65歳払済、70歳払済 というように
定年退職の年齢に合わせて、保険料の支払いが終わるようなタイプです。
また、年数で期間を設定しているタイプもあります。
1年、2年、5年、10年払済 というタイプです。
こちらは、契約開始から一定の年数で支払いが終了します。より短期間で保険料の支払いが終了するタイプの方が、保険料の総額としては安くなります。
 
払い済みタイプの医療保険にはメリットもあれば、デメリットもあります。
様々な要素を十分に考慮して、医療保険の加入を検討されるのが良いでしょう。
 
 

保険の選び方

医療保険はどんな保険?
LinkIcon生命保険料控除の疑問
LinkIcon保険料が安い医療保険と高い医療保険
がん保険と医療保険のセット
医療保険の見直し方
医療保険の通院特約は必要か?
LinkIcon医療保険の見直しタイミング
LinkIcon離婚をしたら保険はどうなる?
LinkIcon医療保険に入らない人の理由は?
LinkIcon医療保険に保険料免除は付ける?
LinkIcon将来見直しができる医療保険がおススメ
0歳から加入できる一生涯保障の医療保険
LinkIcon妊娠出産でも医療保険は保障の対象ですか?
医療保険が必要な人と必要でない人
医療保険の加入率は?
ネットで医療保険加入の選び方
保険料が無料になる医療保険
妊娠していますが医療保険に入れますか?
医療保険のパンフレットで確認したいこと
医療保険とがん保険のセット商品
夫婦型保険加入時の注意点
お祝い金付の医療保険の方がお得ですか?
一括払の医療保険
いろいろ保障がある方が安心ですか?
保険料を安くするなら定期タイプ
ダブっている保障はないか?
経営者の医療保険は法人契約がベスト?
自営業者の医療保険
医療保険に入り直す際の注意点
医療保険は入り直した方が安い?
生命保険料控除を使って節税?
医療保険なのに介護医療保険料控除?
差額ベッド代を確保するために医療保険に加入
医療保険に加入しないという選択肢も
医療保険からお金がもらえない場合
医療保険ってなに?
公的な健康保険と医療保険の違い
医療保険は必要ですか?
もし入院したら?
こどもの医療保険は必要?
医療保険とがん保険の違い
医療保険に入るベストタイミングは?
医療保険と健康保険の違い
保障期間はいつまでがいいのか?
医療保険の通院保障は必要か?
払済保険のメリットとデメリット
放射線治療保障がない保険は見直すべき?
先進医療保障が無い医療保険は意味がない?
クーリングオフ制度ってなに?
いつから保障が開始されるのか?
クレジットカード払でポイントが貯まる
告知書に記入すべき事項がある場合の対策
病気等による加入制限のパターン
申込をしても加入できない?
日帰り入院でも受け取れるとは?
医療保険の加入制限はありますか?
終身?定期?の違いは?
入院は何日でも?
病気の人でも入れる医療保険
持病がある人でも入れる医療保険の選び方
医療保険「払済」タイプのデメリット
女性向け医療保険には入った方がお得?
お金を貯めるなら医療保険より貯蓄
入院日数が短くなっている2つの理由
通院保障付きの医療保険は必要か?
お祝い金付き保険の選び方
離婚と保険の見直し
給付金は請求しないと受け取れない?
交通事故でも医療保険は使える?
複数の保険会社に加入していても大丈夫?
受け取った給付金は非課税
医療保険をやめるには?
こどもに契約を移すことは可能?
本人に病気を知らせていなくても請求できますか?
入院したら誰が請求するのですか?
入院していたことを忘れて解約しましたが請求できますか?
保険の断り方
医療保険の種類
医療保険払い済みのメリット
掛け捨ての保険は良いの?悪いの?
がん保険と医療保険入るならどっち?
医療保険はいつまで続けるのか?
孫への医療保険のプレゼントプラン
保険料と保障のバランス
損保で加入しても生命保険料控除は使える?
入院をしたら貯蓄でカバーで医療保険は必要ない
民間の医療保険か?健康保険か?
医療保険の通院特約は必要か?
医療保険の見直しが増える60代
医療保険の入院日額と限度日数
がん保険の基本保障
LinkIcon夫婦型のがん保険のデメリット
入院日数の制限はありますか?
がん保険には様々な給付がある
保障内容をシンプルにして保険料を抑える
診断給付金複数回払いの注意点
がんと仕事の心配
通院保障は請求の面倒さもある
がん保険と医療保険の組み合わせ
がん保険の保険料を抑えるなら定期タイプ
上皮内新生物とは?
一時金タイプと都度給付タイプ
がん保険と医療保険のセット商品
がん保険に加入したら家族と情報共有
がんに罹患した人の保険選び
がん保険の請求は慎重に
民間療法や代替療法は保障の対象?
がん保険と三大疾病保険は違います
がん保険に入っていても保障されないことはありますか?
がん保険と医療保険はまったく違う保険です
がん保険には「終身と定期」の2タイプがあります
がんになったら必ずがん保険が役立つわけではありません
古いがん保険でも役に立つのでしょうか?
がん保険は発売から40年の保険です。
がん保険には保障されない期間があります
がん保険加入の最低条件は?
医療保険に入っているのでがん保険は不要ですか?
旧いがん保険と新しいがん保険の違いは?
がんになったら誰が請求するのですか?
がん保険に入っていても保険が使えない?
がん保険の解約は簡単ですが
通院が保障されないがん保険
がん保険の加入は家族に知らせる