医療保険の選び方

最適な医療保険選び

医療保険の加入率は?

生命保険文化センターの「生命保険に関する 全国実態調査 〈速報版〉平成24年度」(PDF版)によると、生命保険の世帯加入率は90.5%でした。
さらに、民間生命保険会社の保険加入者の内で、
「医療保険・医療特約」の加入者が92.4%
「がん保険・がん特約」の加入者が62.3%
「通院特約」の加入者が43.8%
統計を見ると、日本人家庭の多くが生命保険に加入し、さらに医療保障関連の保障を持っているということが分かります。

生命保険の加入率は減少傾向

「生命保険に関する 全国実態調査 〈速報版〉平成27年度」では生命保険の世帯加入率は「90.5%⇒89.2%」と以前の調査から比べると若干下がっています。
〈直近加入の生命保険〉という調査項目では加入目的の1位は
①医療費・入院費のため58.5%(59.6%)
②万一のときの家族の生活保障のため53.1%(51.7%)
というように、加入目的は生命保険(死亡保険)への加入よりも、生きている間に使える医療保険やがん保険へ加入目的の意識は高まっていることが分かります。
実際、生命保険加入世帯の普通死亡保険金額は全生命保険会社で2,423万円(前回2,763万円)と減少傾向が続いており、亡くなった時の死亡保障よりも本人が生きている間に使える医療保障へのシフトが起こっています。
 

みんなが入っているから医療保険は必要か?

統計的なデータから見ると、日本人世帯の約90%は生命保険(死亡保険や医療保険等)に入っていることになります。このデータからは日本人が保険が好きであり、保険に加入することが一般化しているということが分かります。
しかし、周りの多くの日本人がみんな保険に入っているからといって、あなたも保険に入るべきか?というと、答えは決して「Yes」ではありません。
このホームページ「医療保険の選び方」でもお伝えしていますが、生命保険や医療保険が必要なら加入すれば良いし、必要がないのであれば医療保険に無理に加入する必要はありません。みんなが入っているからといって、必ずしも保険に入らなければいけない。ということはありません。
生命保険や医療保険を販売する人によっては「みんなが入っているから、保険には入っておきましょう」と言うのがセールストークの一つになっているかもしれません。
これを聞くと「みんなが入っているのに、わたしだけ入っていなくて大丈夫なのかな?」と不安に思われるかもしれません。
また、保険を検討している人の多くは「みなさんはどうされていますか?」と聞かれます。これも、そういった不安の表れの一つかもしれません。
 

大切なのはご自身の判断

保険選びで最も大切なのは周りが入っているか、入っていないかで判断するのではなく、あなた自身が保険を必要としているかどうかを判断できることが何よりも重要だと考えます。
人によって、保険が必要な人もいれば必要ではない人もいます。詳しくは「医療保険が必要な人と必要でない人」で解説していますので参照してください。

大切なのは、保険の必要性をご自身で判断できることではないでしょうか。
保険職員や保険ショップ、銀行等、日本では各種保険を勧めてくれるところはたくさんありますが、最終的に判断を下し、保険に加入するのはあなた自身です。
そして、実際に病気やケガで入院をするのもあなた自身であり、その時にどういった状態にあることが理想なのかを考えておくことが保険に加入するということでもあります。
 

不安ばかりが募る

保険のことを考えると、不安なことばかりを考えてしまって保険で安心を買えるならと、あれもこれもと色々と考えてしまうかもしれません。
保険では確かに安心を買えるかもしれませんが、不安な気持ちのままに加入することで、不安がさらに増大するということもあります。
将来起こるであろうリスクを考えることで不安になる気持ちも分かりますが、ネガティブな可能性ばかりに目を向けるのではなく、保険に入ることで得られる安心感にも目を向けて、より明るい未来をイメージできる保険選びができることを願っています。
 

保険の選び方

医療保険はどんな保険?
LinkIcon生命保険料控除の疑問
LinkIcon医療保険の見直し方
LinkIcon医療保険の通院特約は必要か?
LinkIcon医療保険の見直しタイミング
LinkIcon離婚をしたら保険はどうなる?
LinkIcon医療保険に入らない人の理由は?
LinkIcon医療保険に保険料免除は付ける?
LinkIcon将来見直しができる医療保険がおススメ
0歳から加入できる一生涯保障の医療保険
LinkIcon妊娠出産でも医療保険は保障の対象ですか?
医療保険が必要な人と必要でない人
医療保険の加入率は?
ネットで医療保険加入の選び方
保険料が無料になる医療保険
妊娠していますが医療保険に入れますか?
医療保険のパンフレットで確認したいこと
医療保険とがん保険のセット商品
夫婦型保険加入時の注意点
お祝い金付の医療保険の方がお得ですか?
一括払の医療保険
いろいろ保障がある方が安心ですか?
保険料を安くするなら定期タイプ
ダブっている保障はないか?
経営者の医療保険は法人契約がベスト?
自営業者の医療保険
医療保険に入り直す際の注意点
医療保険は入り直した方が安い?
生命保険料控除を使って節税?
医療保険なのに介護医療保険料控除?
差額ベッド代を確保するために医療保険に加入
医療保険に加入しないという選択肢も
医療保険からお金がもらえない場合
医療保険ってなに?
公的な健康保険と医療保険の違い
医療保険は必要ですか?
もし入院したら?
こどもの医療保険は必要?
医療保険とがん保険の違い
医療保険に入るベストタイミングは?
医療保険と健康保険の違い
保障期間はいつまでがいいのか?
医療保険の通院保障は必要か?
払済保険のメリットとデメリット
放射線治療保障がない保険は見直すべき?
先進医療保障が無い医療保険は意味がない?
クーリングオフ制度ってなに?
いつから保障が開始されるのか?
クレジットカード払でポイントが貯まる
告知書に記入すべき事項がある場合の対策
病気等による加入制限のパターン
申込をしても加入できない?
日帰り入院でも受け取れるとは?
医療保険の加入制限はありますか?
終身?定期?の違いは?
入院は何日でも?
病気の人でも入れる医療保険
持病がある人でも入れる医療保険の選び方
医療保険「払済」タイプのデメリット
女性向け医療保険には入った方がお得?
お金を貯めるなら医療保険より貯蓄
入院日数が短くなっている2つの理由
通院保障付きの医療保険は必要か?
お祝い金付き保険の選び方
離婚と保険の見直し
給付金は請求しないと受け取れない?
交通事故でも医療保険は使える?
複数の保険会社に加入していても大丈夫?
受け取った給付金は非課税
医療保険をやめるには?
こどもに契約を移すことは可能?
本人に病気を知らせていなくても請求できますか?
入院したら誰が請求するのですか?
入院していたことを忘れて解約しましたが請求できますか?
保険の断り方
がん保険の基本保障
LinkIcon夫婦型のがん保険のデメリット
入院日数の制限はありますか?
がん保険には様々な給付がある
保障内容をシンプルにして保険料を抑える
診断給付金複数回払いの注意点
がんと仕事の心配
通院保障は請求の面倒さもある
がん保険と医療保険の組み合わせ
がん保険の保険料を抑えるなら定期タイプ
上皮内新生物とは?
一時金タイプと都度給付タイプ
がん保険と医療保険のセット商品
がん保険に加入したら家族と情報共有
がんに罹患した人の保険選び
がん保険の請求は慎重に
民間療法や代替療法は保障の対象?
がん保険と三大疾病保険は違います
がん保険に入っていても保障されないことはありますか?
がん保険と医療保険はまったく違う保険です
がん保険には「終身と定期」の2タイプがあります
がんになったら必ずがん保険が役立つわけではありません
古いがん保険でも役に立つのでしょうか?
がん保険は発売から40年の保険です。
がん保険には保障されない期間があります
がん保険加入の最低条件は?
医療保険に入っているのでがん保険は不要ですか?
旧いがん保険と新しいがん保険の違いは?
がんになったら誰が請求するのですか?
がん保険に入っていても保険が使えない?
がん保険の解約は簡単ですが
通院が保障されないがん保険
がん保険の加入は家族に知らせる
JR千里丘駅前のアフラック
医療保険相談室
保険料の調べ方
生命保険料控除