医療保険の選び方

最適な医療保険選び

給付金は請求しないと受け取れない?

医療保険に限らず、がん保険、死亡保険、介護保険といった医療保険以外の保険であっても、受取人から保険会社に請求をされない限りはお金を受け取ることができません。

受取人からの請求が必要

医療保険だけではなく、保険商品は加入しただけではその機能を十分に果たすことができません。
例えば、医療保険に入っている方が、がん(悪性腫瘍)になり、がんが脳に転移してしまった。医療保険に契約している本人は意識が無く、給付金の請求ができる状態ではなくなってしまった。さらに、家族は医療保険に加入していることを知らない。
このような状態では、保険会社はその人が医療保険の給付金を支払う対象であることを知ることもできませんので、当然のことながら加入している医療保険からお金を受け取ることができません。
ですので、医療保険に加入しているだけではその機能を十分に果たせないということになります。
 

請求できない状況

医療保険の給付金請求がされない、できない状況として考えられるのは
・加入者本人が請求できない状態にある
 (痴呆・意識不明)
・加入者が医療保険に加入していることを忘れている
・家族が医療保険に加入していることを知らない
 
医療保険に加入されたお勧めしたいのは、誰もが分かるように保障内容・保険証券等の書類を整理しておくということです。そしてできれば、大切なご家族に保険に加入されたことを知らせておくようにしましょう。 
せっかく加入した保険であっても、誰も加入していることを知らなければ役立てることもできません。
 
 

請求を忘れていた

 
医療保険に加入していることを忘れていて、請求するのを忘れた。という場合。また、入院や手術をしたが加入している医療保険が保障の対象になるとは思ってもいなかったので請求をしていなかった。ということがあります。
特にお仕事をされている方は、入院や手術をして仕事を休んでしまうことに意識が向いてしまい、加入している医療保険の請求どころではない。という方もいらっしゃいます。
 
入院したことを忘れて解約した分は請求できますか?」の記事でも書いていますが、請求を忘れていたとしても思い出された時点で、まずは加入されている医療保険の保険会社へ問い合わせをされるのがおススメです。
保険会社によって対応が異なる場合がありますが、請求を忘れていた、給付対象になるとは思わなかったという理由を伝えて、年数が経過しても請求手続きが可能かどうかをお問い合わせしてみてください。
その際には病院の「診断書」が必要となります。
 

 
 

請求をしたのか憶えていない

病気やケガで入退院を繰り返している方は、いつの入院や手術を請求したか憶えていない。という方もいらっしゃいます。
また、治療中は体力的にも精神的にも大変で保険請求の手続きをするどころではなかった、という方や治療から日数が経過しているのでその頃の記憶が曖昧になり、請求ができていたのかどうかを憶えていないという方もいらっしゃいます。
そんな時は加入している医療保険の保険会社のコールセンター等へ連絡を入れて請求手続きができているかどうかを確認するのが最も確実です。
また手続きが既に終わっているということであれば、請求手続きが終了し受け取りが終わっている給付金の一覧をもらうようにしましょう。
給付金を受け取った履歴と、病院の領収書等で実際に入院や手術をされた履歴が合致しているかを確認してください。請求漏れが分かります。
 

請求漏れはご自身で管理が必要

特に「がん」の治療をされている方は、入院や退院を繰り返される方が多いので加入されている医療保険の請求漏れが発生しやすくなります。
また、がん保険と医療保険のように複数の保険商品、保険会社を組み合わせて加入されている場合であれば対象となる保障内容が複雑になっています。治療されている内容が保障の対象になるかどうかが分かりにくい場合もあります。
保険に加入されたご本人は説明も受けて内容はよく分かっているという場合であっても、実際には治療をサポートしてくれている家族が加入している保険の内容が良く理解していなかったために対象となる保障を請求できていなかった。
ということもあります。
 
請求漏れがあったとしても、保険会社としては把握することが難しいのが現状です。病院の診断書を見た保険会社から請求漏れの可能性がある場合は連絡をくれることもありますが、実際には難しいです。
医療保険やがん保険等、請求に関する手続きは保険に加入されている本人の責任として行う必要があります。
ご本人の責任ですが、保険会社に問い合わせをすれば分かりやすくサポートしてくれます。
保険に加入し、保険料を支払っていることで保険契約は継続していますので給付金等の受け取り手続きに遠慮はいりません。積極的に問い合わせをされて、給付金の請求漏れが無いようにされるのが一番です。保険会社にとっても漏れなく給付金をお支払いするというのはメリットでもあります。
 

保険の選び方

医療保険はどんな保険?
LinkIcon生命保険料控除の疑問
LinkIcon医療保険の見直し方
LinkIcon医療保険の通院特約は必要か?
LinkIcon医療保険の見直しタイミング
LinkIcon離婚をしたら保険はどうなる?
LinkIcon医療保険に入らない人の理由は?
LinkIcon医療保険に保険料免除は付ける?
LinkIcon将来見直しができる医療保険がおススメ
0歳から加入できる一生涯保障の医療保険
LinkIcon妊娠出産でも医療保険は保障の対象ですか?
医療保険が必要な人と必要でない人
医療保険の加入率は?
ネットで医療保険加入の選び方
保険料が無料になる医療保険
妊娠していますが医療保険に入れますか?
医療保険のパンフレットで確認したいこと
医療保険とがん保険のセット商品
夫婦型保険加入時の注意点
お祝い金付の医療保険の方がお得ですか?
一括払の医療保険
いろいろ保障がある方が安心ですか?
保険料を安くするなら定期タイプ
ダブっている保障はないか?
経営者の医療保険は法人契約がベスト?
自営業者の医療保険
医療保険に入り直す際の注意点
医療保険は入り直した方が安い?
生命保険料控除を使って節税?
医療保険なのに介護医療保険料控除?
差額ベッド代を確保するために医療保険に加入
医療保険に加入しないという選択肢も
医療保険からお金がもらえない場合
医療保険ってなに?
公的な健康保険と医療保険の違い
医療保険は必要ですか?
もし入院したら?
こどもの医療保険は必要?
医療保険とがん保険の違い
医療保険に入るベストタイミングは?
医療保険と健康保険の違い
保障期間はいつまでがいいのか?
医療保険の通院保障は必要か?
払済保険のメリットとデメリット
放射線治療保障がない保険は見直すべき?
先進医療保障が無い医療保険は意味がない?
クーリングオフ制度ってなに?
いつから保障が開始されるのか?
クレジットカード払でポイントが貯まる
告知書に記入すべき事項がある場合の対策
病気等による加入制限のパターン
申込をしても加入できない?
日帰り入院でも受け取れるとは?
医療保険の加入制限はありますか?
終身?定期?の違いは?
入院は何日でも?
病気の人でも入れる医療保険
持病がある人でも入れる医療保険の選び方
医療保険「払済」タイプのデメリット
女性向け医療保険には入った方がお得?
お金を貯めるなら医療保険より貯蓄
入院日数が短くなっている2つの理由
通院保障付きの医療保険は必要か?
お祝い金付き保険の選び方
離婚と保険の見直し
給付金は請求しないと受け取れない?
交通事故でも医療保険は使える?
複数の保険会社に加入していても大丈夫?
受け取った給付金は非課税
医療保険をやめるには?
こどもに契約を移すことは可能?
本人に病気を知らせていなくても請求できますか?
入院したら誰が請求するのですか?
入院していたことを忘れて解約しましたが請求できますか?
保険の断り方
がん保険の基本保障
LinkIcon夫婦型のがん保険のデメリット
入院日数の制限はありますか?
がん保険には様々な給付がある
保障内容をシンプルにして保険料を抑える
診断給付金複数回払いの注意点
がんと仕事の心配
通院保障は請求の面倒さもある
がん保険と医療保険の組み合わせ
がん保険の保険料を抑えるなら定期タイプ
上皮内新生物とは?
一時金タイプと都度給付タイプ
がん保険と医療保険のセット商品
がん保険に加入したら家族と情報共有
がんに罹患した人の保険選び
がん保険の請求は慎重に
民間療法や代替療法は保障の対象?
がん保険と三大疾病保険は違います
がん保険に入っていても保障されないことはありますか?
がん保険と医療保険はまったく違う保険です
がん保険には「終身と定期」の2タイプがあります
がんになったら必ずがん保険が役立つわけではありません
古いがん保険でも役に立つのでしょうか?
がん保険は発売から40年の保険です。
がん保険には保障されない期間があります
がん保険加入の最低条件は?
医療保険に入っているのでがん保険は不要ですか?
旧いがん保険と新しいがん保険の違いは?
がんになったら誰が請求するのですか?
がん保険に入っていても保険が使えない?
がん保険の解約は簡単ですが
通院が保障されないがん保険
がん保険の加入は家族に知らせる
JR千里丘駅前のアフラック
医療保険相談室
保険料の調べ方
生命保険料控除