医療保険の選び方

最適な医療保険選び

医療保険「払済」タイプのデメリット

支払いが途中で終わり将来の保険料負担を軽減することができる「払済」タイプの医療保険が人気です。
医療保険「払済」タイプのデメリットを知ることにより、払済タイプの医療保険のメリットも分かります。

 医療保険の払い方

一生涯保障が続く終身タイプの医療保険には
◆保険料の支払いが一生涯続く「終身払」のタイプ
◆保障は一生涯続くが保険料の支払いは途中で終わる「払済」タイプ
2つのタイプがあります。
今回は、終身払の医療保険と比較した場合の「払済」タイプの医療保険のデメリットをお伝えします。
 

契約時点では保険料が高い

まったく同じ保険、同じ保障内容で比較すると契約時点で保険料が高くなるのは「払済」タイプの医療保険です。
払済タイプの医療保険は将来の分の保険料までを先払いするようなイメージの払い方ですので、当然のことながら終身払いの保険料は高くなります。
 
 

総額の払込保険料が安くなるのは払込後

医療保険の保険料を支払った合計額「払込総額」を比較していくと、払込が完了するまでの時点では確実に払済タイプの方が保険料は高くなります。
払込が完了してから数年が経過すると、総額の払込保険料が逆転する年齢があります。医療保険の比較においては、その年齢を把握しておくことが重要です。
基本的には長生きするほど、払済タイプの方が総額の保険料は安くなります。
 

早期に保険が終了すると損になる

解約や死亡による契約の終了により保険契約が早期に終了する場合があります。
終身払タイプよりも保険料を高めに払っていますので、早期に医療保険が終了すると終身払に比べて保険料の支払総額は割高になり、損ということになります。
死亡については、ある意味では対策のしようがありませんが、特に注意したいのが「解約」です。
解約はご自身の意志で行うものです。医療保険に加入された時は「解約するなんて」思ってもないことかもしれませんが、将来の解約もある程度想定することは大切です。

医療保険の解約理由

医療保険の解約理由は人によって様々ですが、次のような理由が考えられます。
 
◆保険料の支払い厳しくなった
減給や失業、転職、会社の倒産等、仕事が無くなったり給料が減少することで医療保険等の生命保険料の支払いが厳しくなり保険料が払えなくなり解約をする。
 
◆医療保険が不要になった
遺産を相続した、宝くじに当たった、ビジネスで成功した等で資産が大きく増えて医療保険の必要性が無くなったということがあります。
 
◆生活保護を受けることになった
生活保護を受ける際には各種生命保険には加入することができません。加入して保険料を払っている場合は保険契約を解約する必要があります。
 
◆税金の滞納等で差し押さえが入った
地方税等を支払いが滞ると市役所等から差し押さえが入る場合があります。その場合、解約払戻金がある保険は解約して税金の納付に充てられることがあります。
 
◆保険を見直すことになった
新しい医療保険の商品が発売され、新商品の方が魅力的なので新しい医療保険に入り直すことになったので、今までの医療保険は解約することになった。
 

将来、新しい保険への見直しがやりにくい

最後の解約事例のように、新しい医療保険が発売されたので払済タイプで加入している医療保険を解約して新しい医療保険に入り直すというのは、終身払タイプに入っている場合に比べると損になりやすいです。
医療保険は保険会社間で競争が非常に激しいこともあり、新商品が次々と発売されています。
また、医療現場(病院等)の事情も大きく変化していますので、最新の医療事情が考慮された新しい医療保険は次々と発売されています。
将来的に医療保険を見直す可能性がある。ということであれば、払済よりも終身払の医療保険の方がおススメです。
 

払込が早期に終了するので将来の負担が軽い

払済タイプのデメリットは様々ありますが、最大のメリットは、将来(払込完了後)保険料の払込がなくなるということです。払済期間が終了すれば保険料の負担が「ゼロ円」になります。
ずっと保険料を払い続けることに対して不安を抱いている人には、早めに払い終わって保険料の負担が無くなることに大きなメリットを感じられることでしょう。
また、一度「がん」などの大きな病気になるとその後は保険に入ることが難しくなります。払済タイプで、払込後に保険料の支払いが無い状態で保障が継続されることで大きな安心が得られるのではないでしょうか。
 

メリットとデメリットを知る

払済タイプと終身払タイプの医療保険のそれぞれのメリットとデメリットを知っておくことで、保険を選択する時に間違いなく役に立ちます。
どちらが良い、悪いではなく、それぞれに考え方があり、向き不向きがあるということです。
ご自身にとって最適な医療保険選びにお役立てください。
 

保険の選び方

医療保険はどんな保険?
LinkIcon将来見直しができる医療保険がおススメ
0歳から加入できる一生涯保障の医療保険
LinkIcon妊娠出産でも医療保険は保障の対象ですか?
医療保険が必要な人と必要でない人
医療保険の加入率は?
ネットで医療保険加入の選び方
保険料が無料になる医療保険
妊娠していますが医療保険に入れますか?
医療保険のパンフレットで確認したいこと
医療保険とがん保険のセット商品
夫婦型保険加入時の注意点
お祝い金付の医療保険の方がお得ですか?
一括払の医療保険
いろいろ保障がある方が安心ですか?
保険料を安くするなら定期タイプ
ダブっている保障はないか?
経営者の医療保険は法人契約がベスト?
自営業者の医療保険
医療保険に入り直す際の注意点
医療保険は入り直した方が安い?
生命保険料控除を使って節税?
医療保険なのに介護医療保険料控除?
差額ベッド代を確保するために医療保険に加入
医療保険に加入しないという選択肢も
医療保険からお金がもらえない場合
医療保険ってなに?
公的な健康保険と医療保険の違い
医療保険は必要ですか?
もし入院したら?
こどもの医療保険は必要?
医療保険とがん保険の違い
医療保険に入るベストタイミングは?
医療保険と健康保険の違い
保障期間はいつまでがいいのか?
医療保険の通院保障は必要か?
払済保険のメリットとデメリット
放射線治療保障がない保険は見直すべき?
先進医療保障が無い医療保険は意味がない?
クーリングオフ制度ってなに?
いつから保障が開始されるのか?
クレジットカード払でポイントが貯まる
告知書に記入すべき事項がある場合の対策
病気等による加入制限のパターン
申込をしても加入できない?
日帰り入院でも受け取れるとは?
医療保険の加入制限はありますか?
終身?定期?の違いは?
入院は何日でも?
病気の人でも入れる医療保険
持病がある人でも入れる医療保険の選び方
医療保険「払済」タイプのデメリット
女性向け医療保険には入った方がお得?
お金を貯めるなら医療保険より貯蓄
入院日数が短くなっている2つの理由
通院保障付きの医療保険は必要か?
お祝い金付き保険の選び方
離婚と保険の見直し
給付金は請求しないと受け取れない?
交通事故でも医療保険は使える?
複数の保険会社に加入していても大丈夫?
受け取った給付金は非課税
医療保険をやめるには?
こどもに契約を移すことは可能?
本人に病気を知らせていなくても請求できますか?
入院したら誰が請求するのですか?
入院していたことを忘れて解約しましたが請求できますか?
がん保険の基本保障
LinkIcon夫婦型のがん保険のデメリット
入院日数の制限はありますか?
がん保険には様々な給付がある
保障内容をシンプルにして保険料を抑える
診断給付金複数回払いの注意点
がんと仕事の心配
通院保障は請求の面倒さもある
がん保険と医療保険の組み合わせ
がん保険の保険料を抑えるなら定期タイプ
上皮内新生物とは?
一時金タイプと都度給付タイプ
がん保険と医療保険のセット商品
がん保険に加入したら家族と情報共有
がんに罹患した人の保険選び
がん保険の請求は慎重に
民間療法や代替療法は保障の対象?
がん保険と三大疾病保険は違います
がん保険に入っていても保障されないことはありますか?
がん保険と医療保険はまったく違う保険です
がん保険には「終身と定期」の2タイプがあります
がんになったら必ずがん保険が役立つわけではありません
古いがん保険でも役に立つのでしょうか?
がん保険は発売から40年の保険です。
がん保険には保障されない期間があります
がん保険加入の最低条件は?
医療保険に入っているのでがん保険は不要ですか?
旧いがん保険と新しいがん保険の違いは?
がんになったら誰が請求するのですか?
がん保険に入っていても保険が使えない?
がん保険の解約は簡単ですが
通院が保障されないがん保険
がん保険の加入は家族に知らせる
JR千里丘駅前のアフラック
医療保険相談室
保険料の調べ方
 
ゴールドリボンウォーク