医療保険の選び方

最適な医療保険選び

女性向け医療保険には入った方がお得?

女性は「女性向け医療保険」に加入しないと意味がないと思っていませんか?女性だから、女性向けの医療保険に加入しないといけないということはありません。女性向け医療保険を選ぶ基準について解説します。

女性向け医療保険には入った方がお得?

女性の方が医療保険を選ばれる際に気になるのは「女性向け医療保険」ではないでしょうか。
一般的な医療保険に比べると女性特有の病気に対して手厚い保障が得られるようになっているのが「女性向け医療保険」の大きな特長です。

 

一般的な医療保険とは?

女性向け医療保険を紹介する前に「一般的な医療保険」について解説していきます。女性向け医療保険と比較した場合の一般的な医療保険とは、男女関係なく加入対象年齢の範囲内で誰でも加入できる医療保険です。
男女関係なくですので、女性特有の病気に対して特に手厚い保障があるといったことがありません。
男女関係なく同一の保障が提供されています。当然ながら、女性向け医療保険が発売される前まではこのような保険がスタンダードでした。
 

女性向け医療保険の特長

女性向け医療保険、保険会社によって特長がそれぞれ異なります。
先ほどご紹介した一般的な医療保険を基準として、女性向け医療保険特有の保障が加わります。
<保険会社によって異なる保障内容>
・女性特有の病気に上乗せ保障
・女性特有の病気と5大生活習慣病を上乗せ保障
・女性特有の病気とがんを上乗せ保障

というように、各保険会社は保障内容や保障範囲を変えることで保険商品としての特長を出す工夫をしています。
女性向け医療保険をお考えであれば、保障範囲と保険料を比較すること。そしてご自身にとって必要な保障の範囲を考えることが必要となります。
 

女性向け医療保険は必要か?

では、「女性向け医療保険は本当に必要か?」なのでしょうか?
例えば、現在一般的な医療保険に加入している方が「女性向け保障が付いてないから新しい女性向け医療保険に切り替える」という選択肢は必ずしもそれが正解であるとは限りません。
まず注目したいのは現在加入されている一般的な医療保険のみであなたが必要な保障を満たすことができているのか?
そして、女性向け医療保障が追加されることで、どれくらいのメリットがあるのか?
そのメリットに見合うだけの保険料を支払う価値があるのか?
このようなことを総合的に判断した上で、女性向け医療保険を選ぶことが必要です。
 

女性向け医療保険に加入しないと意味が無い?

そんなことはありません。女性の方であっても「女性向け医療保険を選ばない」という方もいらっしゃいます。
必ずしも女性は女性向け医療保険が必須であるということはないのです。
一般的な医療保障の部分も含めて、女性向け医療保険があなたに最適かどうかを判断することが重要です。

保険会社の基準ではなく

大切なのは保険会社が広告宣伝のために使っている医療保険加入の基準ではなく、あなた自身の基準です。
例えば祖母、母親や姉妹に女性特有の病気をしている人が多い。という場合であれば、女性向け医療保険の必要性が高いかもしれません。
とにかく月々の保険料は抑えながらも、必要最低限の保障はしっかりと確保したい。ということであれば、一般的な医療保険の保障の方が向いているかもしれません。
必要な保険は人によって様々です。保険会社の広告宣伝や勧誘に流されず、ご自身の判断で最適な医療保険をお選びください。
 

保険の選び方

医療保険はどんな保険?
LinkIcon生命保険料控除の疑問
LinkIcon医療保険の見直し方
LinkIcon医療保険の通院特約は必要か?
LinkIcon医療保険の見直しタイミング
LinkIcon離婚をしたら保険はどうなる?
LinkIcon医療保険に入らない人の理由は?
LinkIcon医療保険に保険料免除は付ける?
LinkIcon将来見直しができる医療保険がおススメ
0歳から加入できる一生涯保障の医療保険
LinkIcon妊娠出産でも医療保険は保障の対象ですか?
医療保険が必要な人と必要でない人
医療保険の加入率は?
ネットで医療保険加入の選び方
保険料が無料になる医療保険
妊娠していますが医療保険に入れますか?
医療保険のパンフレットで確認したいこと
医療保険とがん保険のセット商品
夫婦型保険加入時の注意点
お祝い金付の医療保険の方がお得ですか?
一括払の医療保険
いろいろ保障がある方が安心ですか?
保険料を安くするなら定期タイプ
ダブっている保障はないか?
経営者の医療保険は法人契約がベスト?
自営業者の医療保険
医療保険に入り直す際の注意点
医療保険は入り直した方が安い?
生命保険料控除を使って節税?
医療保険なのに介護医療保険料控除?
差額ベッド代を確保するために医療保険に加入
医療保険に加入しないという選択肢も
医療保険からお金がもらえない場合
医療保険ってなに?
公的な健康保険と医療保険の違い
医療保険は必要ですか?
もし入院したら?
こどもの医療保険は必要?
医療保険とがん保険の違い
医療保険に入るベストタイミングは?
医療保険と健康保険の違い
保障期間はいつまでがいいのか?
医療保険の通院保障は必要か?
払済保険のメリットとデメリット
放射線治療保障がない保険は見直すべき?
先進医療保障が無い医療保険は意味がない?
クーリングオフ制度ってなに?
いつから保障が開始されるのか?
クレジットカード払でポイントが貯まる
告知書に記入すべき事項がある場合の対策
病気等による加入制限のパターン
申込をしても加入できない?
日帰り入院でも受け取れるとは?
医療保険の加入制限はありますか?
終身?定期?の違いは?
入院は何日でも?
病気の人でも入れる医療保険
持病がある人でも入れる医療保険の選び方
医療保険「払済」タイプのデメリット
女性向け医療保険には入った方がお得?
お金を貯めるなら医療保険より貯蓄
入院日数が短くなっている2つの理由
通院保障付きの医療保険は必要か?
お祝い金付き保険の選び方
離婚と保険の見直し
給付金は請求しないと受け取れない?
交通事故でも医療保険は使える?
複数の保険会社に加入していても大丈夫?
受け取った給付金は非課税
医療保険をやめるには?
こどもに契約を移すことは可能?
本人に病気を知らせていなくても請求できますか?
入院したら誰が請求するのですか?
入院していたことを忘れて解約しましたが請求できますか?
保険の断り方
がん保険の基本保障
LinkIcon夫婦型のがん保険のデメリット
入院日数の制限はありますか?
がん保険には様々な給付がある
保障内容をシンプルにして保険料を抑える
診断給付金複数回払いの注意点
がんと仕事の心配
通院保障は請求の面倒さもある
がん保険と医療保険の組み合わせ
がん保険の保険料を抑えるなら定期タイプ
上皮内新生物とは?
一時金タイプと都度給付タイプ
がん保険と医療保険のセット商品
がん保険に加入したら家族と情報共有
がんに罹患した人の保険選び
がん保険の請求は慎重に
民間療法や代替療法は保障の対象?
がん保険と三大疾病保険は違います
がん保険に入っていても保障されないことはありますか?
がん保険と医療保険はまったく違う保険です
がん保険には「終身と定期」の2タイプがあります
がんになったら必ずがん保険が役立つわけではありません
古いがん保険でも役に立つのでしょうか?
がん保険は発売から40年の保険です。
がん保険には保障されない期間があります
がん保険加入の最低条件は?
医療保険に入っているのでがん保険は不要ですか?
旧いがん保険と新しいがん保険の違いは?
がんになったら誰が請求するのですか?
がん保険に入っていても保険が使えない?
がん保険の解約は簡単ですが
通院が保障されないがん保険
がん保険の加入は家族に知らせる
JR千里丘駅前のアフラック
医療保険相談室
保険料の調べ方
生命保険料控除