医療保険の選び方

最適な医療保険選び

医療保険が必要な人と必要でない人

医療保険の加入者数は非常に多くなっていますが、すべての人が加入しなければならない保険ではありません。
「みんなが入っているから。」という理由で保険を選ばれる方もいるかもしれませんが、医療保険に入る必要がある人もいれば、医療保険を必要としない人もいます。
医療保険に加入する必要性が低い方について解説していきます。

医療保険が不要な人の例

医療保険の加入には絶対的な正解がないのが一つの特長です。
というのも、医療保険にしっかり加入したものの、入院や手術をしたことがなく、医療保険を利用することが無かった。という方もいらっしゃれば入院や手術を何度もすることがあり、とても助けられた。という経験を持つ方もいらっしゃいます。
人はいつ病気やケガをするか分からない同時に、病気やケガをしないという可能性もあります。
そのため、医療保険の加入には絶対的な答えがないということです。
今回は医療保険が不要な人の例についてご紹介していきます。
ここでご紹介する事例に当てはまる方は「医療保険に本当に加入する必要があるのか?」という加入自体を検討し直されることをお勧めします。

 

貯蓄が十分にある人

入院しても経済的に困らない人は基本的には民間の医療保険は不要です。
医療保険に加入したからと言っても、医療保険の加入後に必ず入院するというわけではありません。入院した時に起こりうるリスクに備えるために加入するのが医療保険の目的です。
貯蓄や資産が十分にあり、入院や手術をしても経済的に困るとは考えられないという方であれば、入院をしても経済的なリスクが発生しない可能性が考えられます。
そのような方は医療保険よりも、他のことにお金を使われた方がメリットが大きいかもしれません。
わたしの知り合いに年収が数億円という方がいらっしゃいます。普段から気軽にお話をさせていただくのですが「僕は、保険とか要らないんだよね。実際に入院が長引いたとしても困る可能性がかなり低いから。保険でリスクをカバーしておく必要なんてないでしょう。」
極端な事例かもしれませんが、こういった方にとっては医療保険に支払う保険料はムダな費用であるだけかもしれません。
例え、重い病気や障害で治療が長引き多額の医療費が必要となったとしても、資産に与える影響は軽微である。ということであれば、医療保険で備えておく必要性を感じることがありません。
 

支払った保険料よりもたくさんお金を受け取れないと意味が無いと思っている人

医療保険の保険料として支払った保険料以上に保険会社からお金を受け取れることを期待して医療保険に加入されるのであれば、加入をおススメできません。
というのも、医療保険は支払った保険料に対しての戻ってくるお金(リターン)が大きくなる金融商品ではないからです。
医療保険に加入することで、保険料の損得がとても気になる。という方は、加入自体がストレスになる可能性も考えられます。
医療保険に加入して保険料を支払うたびに「入院をしなければ損なのでは。。」と考えて始めてしまうと、入院をすることばかりに意識が向き始め「入院をすること」が無意識的に一つの目標に切り替わってしまう可能性もあります。
そのため、医療保険の加入という選択はあまりお勧めできません。
 

会社の福利厚生が充実している人

職場によっては福利厚生制度が非常に充実していて、病気やケガで入院や手術をしても収入などに大きな影響がない。という方がいます。
また、会社が法人契約等で医療保険に加入していて、入院や手術をしても会社から保障してもらえる。という方もいるのではないでしょうか。
福利厚生の内容は会社によって様々です。
福利厚生制度が充実していて実際に入院や手術をしたときのサポートが充実している会社であれば、個人的に医療保険に加入する必要が無いかもしれません。
一緒に働いておられる方で、入院や手術の経験をされた方に「入院をした後の会社の対応はどうだったか?」を聞いてみるのもおススメです。
 

医療保険が必要な人

ここからは、医療保険が不要な人の事例を踏まえて、反対に医療保険が必要な方について解説していきます。
 

  • 貯蓄ができていない人
  • 小さなお子様がいる人
  • 入院したときに経済的な不安がある人
  • 自営業の人

 
先ほどの「医療保険が必要ではない人」と比べて、
入院時のリスクが大きい、またはリスクが想定できるという方にとっては医療保険は人生にとても重要な役割を果たしてくれます。
お金が「ある・ない」で考えた場合には、「お金がない」という人の方が医療保険の加入はおススメで、重要性は高くなります。
もちろん、医療保険に加入することは毎月の保険料を支払うということでもあります。医療保険の保険料の支払いが家計を圧迫し、日々の生活に困る・支障が出るということではおススメできません。
 
■貯蓄ができていない人
病気やケガで入院をすると普段とは違った支出が発生します。入院や手術をすることで一時的に多額の支払が発生し、日常生活に負担をかけることが考えられます。
入院時に発生する急な費用負担に貯蓄等で十分に対応することができるということであれば医療保険の必要性は低いです。
貯蓄が少ない、または無いという方の場合は、医療保険に加入しておくことで入院等の急な支出の不安にも対応することができます。
 
■小さなお子様がいる人
ご家庭に小さなお子様がいらっしゃる方は医療保険の加入をお勧めしています。
親であっても、子供であっても、家族の誰かが入院をすると家族の生活環境は大きく変わり、思わぬ負担増となる可能性があります。
 
子育て中のお母さんが入院をしたら?
お子さんを預ける先を考えないといけないかもしれません。
お父さんは仕事を早めに切り上げて帰ってこないといけないかもしれません。
いつも自宅で食べていたご飯ができず、外食が多くなるかもしれません。
 
様々な不安要素が考えられますが、経済的な負担が大きくなることも考えられます。医療保険に加入しておくことで、経済的な負担を少しでも和らげ、お母さんが入院をしても家族が余裕を持ってお互いに接することができるようになれば、お母さんは安心して治療に専念できるのではないでしょうか。
 
■自営業の方
自営業の方は、ご自身の仕事時間がそのまま売上や収入に直結することが多いのではないでしょうか。
医療保険を利用することで医療費だけではなく、事業継続ができなくなるリスクを軽減できる可能性があります。
自営業の方は一般の会社員の方よりも医療保険で手厚く備えておかれた方が良いでしょう。
 
なによりも大切なのは、ご自身の判断の中で医療保険が必要なのか?不要なのか?を決めておくことです。
もし「医療保険は必要ない」という判断なのであれば、医療保険に保険料を支払わない分、毎日の生活を豊かにし、充実させることで病気にならない身体、精神状態を保つことができるかもしれません。
 

保険の選び方

医療保険はどんな保険?
LinkIcon将来見直しができる医療保険がおススメ
0歳から加入できる一生涯保障の医療保険
LinkIcon妊娠出産でも医療保険は保障の対象ですか?
医療保険が必要な人と必要でない人
医療保険の加入率は?
ネットで医療保険加入の選び方
保険料が無料になる医療保険
妊娠していますが医療保険に入れますか?
医療保険のパンフレットで確認したいこと
医療保険とがん保険のセット商品
夫婦型保険加入時の注意点
お祝い金付の医療保険の方がお得ですか?
一括払の医療保険
いろいろ保障がある方が安心ですか?
保険料を安くするなら定期タイプ
ダブっている保障はないか?
経営者の医療保険は法人契約がベスト?
自営業者の医療保険
医療保険に入り直す際の注意点
医療保険は入り直した方が安い?
生命保険料控除を使って節税?
医療保険なのに介護医療保険料控除?
差額ベッド代を確保するために医療保険に加入
医療保険に加入しないという選択肢も
医療保険からお金がもらえない場合
医療保険ってなに?
公的な健康保険と医療保険の違い
医療保険は必要ですか?
もし入院したら?
こどもの医療保険は必要?
医療保険とがん保険の違い
医療保険に入るベストタイミングは?
医療保険と健康保険の違い
保障期間はいつまでがいいのか?
医療保険の通院保障は必要か?
払済保険のメリットとデメリット
放射線治療保障がない保険は見直すべき?
先進医療保障が無い医療保険は意味がない?
クーリングオフ制度ってなに?
いつから保障が開始されるのか?
クレジットカード払でポイントが貯まる
告知書に記入すべき事項がある場合の対策
病気等による加入制限のパターン
申込をしても加入できない?
日帰り入院でも受け取れるとは?
医療保険の加入制限はありますか?
終身?定期?の違いは?
入院は何日でも?
病気の人でも入れる医療保険
持病がある人でも入れる医療保険の選び方
医療保険「払済」タイプのデメリット
女性向け医療保険には入った方がお得?
お金を貯めるなら医療保険より貯蓄
入院日数が短くなっている2つの理由
通院保障付きの医療保険は必要か?
お祝い金付き保険の選び方
離婚と保険の見直し
給付金は請求しないと受け取れない?
交通事故でも医療保険は使える?
複数の保険会社に加入していても大丈夫?
受け取った給付金は非課税
医療保険をやめるには?
こどもに契約を移すことは可能?
本人に病気を知らせていなくても請求できますか?
入院したら誰が請求するのですか?
入院していたことを忘れて解約しましたが請求できますか?
がん保険の基本保障
LinkIcon夫婦型のがん保険のデメリット
入院日数の制限はありますか?
がん保険には様々な給付がある
保障内容をシンプルにして保険料を抑える
診断給付金複数回払いの注意点
がんと仕事の心配
通院保障は請求の面倒さもある
がん保険と医療保険の組み合わせ
がん保険の保険料を抑えるなら定期タイプ
上皮内新生物とは?
一時金タイプと都度給付タイプ
がん保険と医療保険のセット商品
がん保険に加入したら家族と情報共有
がんに罹患した人の保険選び
がん保険の請求は慎重に
民間療法や代替療法は保障の対象?
がん保険と三大疾病保険は違います
がん保険に入っていても保障されないことはありますか?
がん保険と医療保険はまったく違う保険です
がん保険には「終身と定期」の2タイプがあります
がんになったら必ずがん保険が役立つわけではありません
古いがん保険でも役に立つのでしょうか?
がん保険は発売から40年の保険です。
がん保険には保障されない期間があります
がん保険加入の最低条件は?
医療保険に入っているのでがん保険は不要ですか?
旧いがん保険と新しいがん保険の違いは?
がんになったら誰が請求するのですか?
がん保険に入っていても保険が使えない?
がん保険の解約は簡単ですが
通院が保障されないがん保険
がん保険の加入は家族に知らせる
JR千里丘駅前のアフラック
医療保険相談室
保険料の調べ方
 
ゴールドリボンウォーク