医療保険の選び方

最適な医療保険選び

自営業者の医療保険

自営業者にとって、医療保険はとても重要です。
医療保険が必要な人と必要でない人」のページでも自営業者の医療保険について少し解説しましたが、自営業者の方のためにさらに詳しく解説します。
下記は街中の医院で見かけた張り紙です。
休業する病院

医療保険の必要性が自営業者は高い

私が近くの耳鼻咽喉科へ出向きました。すると、上記のような張り紙がされていて病院は「休診」されていました。
自営業者といっても、すべての自営業者の方に医療保険が必要というわけでは当然ありません。 オーナーのような仕事のスタイルで、もしも入院や手術をされても仕事にさほど影響がないという方であれば、医療保険に加入する必要性が高いとはいえません。
自営業者の中でも、特に医療保険を考えていただきたいのは、
病気やケガで入院や手術をした時に売上や収入に影響が大きい自営業にとっては医療保険はとても重要です。 
 

店主が入院をすると?

病気やケガはいつ起こるか分かりません。特に自営業者の方は、ご自身の身体を酷使して事業に専念されるという方もいらっしゃいます。
病気やケガで入院や手術をすると、当然のことながら治療期間中は身体が病院に拘束されてしまいます。
また手術をされた場合には、身体的な負担が大きく、退院をされとしても入院前と同じように働くことが難しくなる可能性があります。
上記の医院の例で考えてみましょう。


この病院の先生は、入院治療のために入院期間中は医院を休診されていました。
ということは、休診期間中の収入は「0円」の可能性があります。
しかし、雇っている看護師さん、事務員さんの給与(人件費)は必要です。
他にも、入居している医院が賃貸であれば家賃。医療機器や事務機器のリース料。借り入れがあれば返済金。
もちろん、入院をされている院長自身の治療費とその家族の生活費も必要です。
 
街の医院にとって、半月の休診による収入減少と固定費の支出はかなりの負担になるのではないでしょうか?
さらに、休診によって、再開後に患者さんの減少(=売上の減少)という可能性もあります。院長先生の病気がどのようなものかは分かりませんが、退院後も以前と同じようなペースで患者を診るのは体力的にも厳しいかもしれませんので、休診前と同じくらいの売上が出ない可能性も考えられます。
他の先生を雇ったり、人を増やすことで対応できるかもしれませんが、当然ながらその分だけ人件費等の各種経費が必要となります。


病院・医院を例として挙げましたが、このような特殊な業務ではなく他の自営業者、小さな会社であっても同じことが起こります。
病気により休業することで、売上が減り、収入が減る。しかし、固定費は一定額必要。
こういった事態に備えられる方法の一つが民間の医療保険です。
 

医療保険を休業補償の一部として

ご自身の仕事での稼働時間がそのまま売上や収入に直結している方にとっては、数日の休業であっても非常に大きな損害が出る可能性があります。
医療保険というと、医療費を補てんするためのものと考えがちですが、自営業者の方は医療費の負担だけではなく、休業補償という点からも医療保険を考える必要があります。
一般的な会社員とは違い、事業保障という観点からも医療保険に備えることでよりご自身の事業の発展に安心して集中できるようになるのではないでしょうか。

長引く療養に備える保険も登場

 
医療保険は休業補償の一部として考えることができると書きましたが、休業補償として考える医療保険ではどうしても限界があります。
加入する医療保険の保障内容にもよりますが、医療保険は病気やケガで入院や手術をすることで給付金が受け取れる保険です。例えば、病気やケガで入院や手術をしてその後のリハビリが長引き、長期間にわたって仕事を再開することができなかった。というケースも考えられます。
そのような、病気やケガを要因として長期にわたって仕事ができない状態を保障する保険も登場しています。
 

事業に集中できる安心を

自営業者の方は、日々やるべきことに追われている。という方も多いのではないでしょうか?
「保険を考えている暇もない」という方もいらっしゃるかもしれません。
そんな時、少し立ち止まって保険を通して、ご自身の事業におけるリスクは何か?を客観的に見つめることで、新しい発見が見つかるかもしれません。
また保険に限らず、リスクを回避するための様々な手段を備えておくことで、ご自身の事業に集中できる環境を手に入れることができます。
 

保険の選び方

医療保険はどんな保険?
LinkIcon生命保険料控除の疑問
LinkIcon医療保険の見直し方
LinkIcon医療保険の通院特約は必要か?
LinkIcon医療保険の見直しタイミング
LinkIcon離婚をしたら保険はどうなる?
LinkIcon医療保険に入らない人の理由は?
LinkIcon医療保険に保険料免除は付ける?
LinkIcon将来見直しができる医療保険がおススメ
0歳から加入できる一生涯保障の医療保険
LinkIcon妊娠出産でも医療保険は保障の対象ですか?
医療保険が必要な人と必要でない人
医療保険の加入率は?
ネットで医療保険加入の選び方
保険料が無料になる医療保険
妊娠していますが医療保険に入れますか?
医療保険のパンフレットで確認したいこと
医療保険とがん保険のセット商品
夫婦型保険加入時の注意点
お祝い金付の医療保険の方がお得ですか?
一括払の医療保険
いろいろ保障がある方が安心ですか?
保険料を安くするなら定期タイプ
ダブっている保障はないか?
経営者の医療保険は法人契約がベスト?
自営業者の医療保険
医療保険に入り直す際の注意点
医療保険は入り直した方が安い?
生命保険料控除を使って節税?
医療保険なのに介護医療保険料控除?
差額ベッド代を確保するために医療保険に加入
医療保険に加入しないという選択肢も
医療保険からお金がもらえない場合
医療保険ってなに?
公的な健康保険と医療保険の違い
医療保険は必要ですか?
もし入院したら?
こどもの医療保険は必要?
医療保険とがん保険の違い
医療保険に入るベストタイミングは?
医療保険と健康保険の違い
保障期間はいつまでがいいのか?
医療保険の通院保障は必要か?
払済保険のメリットとデメリット
放射線治療保障がない保険は見直すべき?
先進医療保障が無い医療保険は意味がない?
クーリングオフ制度ってなに?
いつから保障が開始されるのか?
クレジットカード払でポイントが貯まる
告知書に記入すべき事項がある場合の対策
病気等による加入制限のパターン
申込をしても加入できない?
日帰り入院でも受け取れるとは?
医療保険の加入制限はありますか?
終身?定期?の違いは?
入院は何日でも?
病気の人でも入れる医療保険
持病がある人でも入れる医療保険の選び方
医療保険「払済」タイプのデメリット
女性向け医療保険には入った方がお得?
お金を貯めるなら医療保険より貯蓄
入院日数が短くなっている2つの理由
通院保障付きの医療保険は必要か?
お祝い金付き保険の選び方
離婚と保険の見直し
給付金は請求しないと受け取れない?
交通事故でも医療保険は使える?
複数の保険会社に加入していても大丈夫?
受け取った給付金は非課税
医療保険をやめるには?
こどもに契約を移すことは可能?
本人に病気を知らせていなくても請求できますか?
入院したら誰が請求するのですか?
入院していたことを忘れて解約しましたが請求できますか?
保険の断り方
がん保険の基本保障
LinkIcon夫婦型のがん保険のデメリット
入院日数の制限はありますか?
がん保険には様々な給付がある
保障内容をシンプルにして保険料を抑える
診断給付金複数回払いの注意点
がんと仕事の心配
通院保障は請求の面倒さもある
がん保険と医療保険の組み合わせ
がん保険の保険料を抑えるなら定期タイプ
上皮内新生物とは?
一時金タイプと都度給付タイプ
がん保険と医療保険のセット商品
がん保険に加入したら家族と情報共有
がんに罹患した人の保険選び
がん保険の請求は慎重に
民間療法や代替療法は保障の対象?
がん保険と三大疾病保険は違います
がん保険に入っていても保障されないことはありますか?
がん保険と医療保険はまったく違う保険です
がん保険には「終身と定期」の2タイプがあります
がんになったら必ずがん保険が役立つわけではありません
古いがん保険でも役に立つのでしょうか?
がん保険は発売から40年の保険です。
がん保険には保障されない期間があります
がん保険加入の最低条件は?
医療保険に入っているのでがん保険は不要ですか?
旧いがん保険と新しいがん保険の違いは?
がんになったら誰が請求するのですか?
がん保険に入っていても保険が使えない?
がん保険の解約は簡単ですが
通院が保障されないがん保険
がん保険の加入は家族に知らせる
JR千里丘駅前のアフラック
医療保険相談室
保険料の調べ方
生命保険料控除