医療保険の選び方

最適な医療保険選び

医療保険とがん保険のセット商品

医療保険とがん保険がセットになった保険商品があります。
さらに、死亡保障や介護保障までパッケージになったセット商品もあります。
このような「保険のセット商品」を選択する際の注意点をお伝えします。

セットで加入する保険

◆医療保障とがん保障
◆死亡保険と医療保障
というように、各種保障を1つの保険でパッケージとして販売している保険会社があります。
国内生保(漢字生保)と呼ばれる保険会社はこのようなパッケージ商品が従来からのメイン商品として販売されていました。
死亡保障のお金が貯まる積立タイプの終身保険に大きな死亡保障の更新型の定期保険そして、入院保障や特定疾病の保障を特約と付加します。
1つの保険証券(1つの証券番号)でより多くの保障を得られるようになっていました。言ってみれば大盛りのパフェみたいなものです。アイスクリームからお菓子、フルーツまで盛りだくさん詰め込まれていて、どこから食べても楽しめる。そんな商品です。

一方で外資系生命保険会社(カタカナ生保)や損保系生保等もセット商品は販売していますが、多くはセットではなく各種保障を単品で販売しています。
死亡保障と医療保障とがん保障に入る場合には、3つの保険に入る。というようにこの場合は3つの保険証券(3つの証券番号)で別々に保障を得るようになっています。
先ほどのパフェの例でいれば、チョコレートパフェとフルーツパフェと抹茶パフェをそれぞれ注文して、3つの味を別々に味わいます。

将来的に保障を別々にできるのか?

セット商品の保険に加入した場合に注意したいのは、医療保障などがセットになった生命保険を将来的に必要最小限の内容に変更することができるのか?ということです。
その場合に、どの保障が残すころができ、保険料はどうなるのか?ということを知っておくことが重要です。
生命保険のセット商品のデメリットは、加入後に継続しないといけない内容が決まっていたり、「これ以上は安くできない、減らせない」という加入の下限制限がある場合があることです。これは保険会社ごとに規定が異なります。
死亡保障が付いているセット商品であれば、死亡保険金額は「1,000万円以下にはできない」というように決まっています。
がんと医療保険のセット商品の場合であれば、最終的に残せるのが「がんと医療」のどちらの保障なのか?といったことが重要になります。
 
例えば、、、がん+医療保険のセットに加入
糖尿病になり、糖尿病の関連で入院する可能性は高い。しかし、年金生活になり保険料は少しでも安くしたいので、がん保障はやめて、医療保障のみにしたい。という場合。
がん保険が主契約(メインの保険)であれば、特約となっている医療保障のみを残すことはできません。

 
例えば、、、死亡保障+医療保険のセットに加入
夫が先に亡くなり、子供もいない一人暮らし。収入も限られているので保険料は抑えたい。
お金を遺す人もいないので、死亡保障は無くても良いくらい。できれば死亡保障の金額を減らして、医療保障だけにしたいが変更は可能か?
この場合、保険会社によって死亡保障が外せなかったり、死亡保険金の最低保険金額が決まっているために保険料が下げられる限界が決まっていることがあります。
 

各保障ごとの保険料は割高ではないか?

様々な保障がセットになっている商品だから保険料が安いとは限りません。
一般的な小売業の場合は、セット販売で安くなる。ということがあります。
ハンバーガーショップであれば、ドリンクとハンバーガー、ポテトを別々に注文するよりも、セットで頼んだ方が総額が安くなる。ということがあります。
しかし、保険はセットだから安いとは限りません。
 
がん保障+医療保障+死亡保障
といったセットの保険の場合は、各保障内容と単品での各保険を比較して保険料が安いのか高いのか?という比較が重要です。
例えばセット商品の、【医療保障】の部分が「入院5,000円+手術保障」という内容であれば、同じ条件の医療保険単品で比較して保険料を比べることができます。
セットで加入するよりも、別々に加入する方が保険料が安くなったり、セットではない単品商品の保険の方が保障が充実している場合もあります。

 

セットではなく、単品で加入するメリット

【セット商品加入】
がん保障+医療保障+死亡保障=1つの保険
 
【単品商品加入】
がん保険+医療保険+死亡保険 ⇒3つの保険
 
セット商品では、保険は1つですので、手続きが楽というのがメリットです。
単品での加入では、同じ手続きを3回する必要があるかもしれません。(契約書を3枚書く、給付請求書を3枚描く等)
その反面、別々の保険に加入しますので、メリットはそれぞれの保障が自由に設定できるということです。
例えば、がんの保障は手厚くして、医療の保障は少しで良い。死亡保障は短期で手厚く欲しい。
というように、保険会社がセット商品に定める規定とは一切関係なくある程度は自由に設計することができます。
また単品加入の場合は、将来的に各種保険を解約したり減額したりすることも自由にできます。
自由度の高さからも、私のおススメはセット商品での加入ではなく、必要に応じて単品で各種保険に加入される方法です。
 

保険の選び方

医療保険はどんな保険?
LinkIcon生命保険料控除の疑問
LinkIcon医療保険の見直し方
LinkIcon医療保険の通院特約は必要か?
LinkIcon医療保険の見直しタイミング
LinkIcon離婚をしたら保険はどうなる?
LinkIcon医療保険に入らない人の理由は?
LinkIcon医療保険に保険料免除は付ける?
LinkIcon将来見直しができる医療保険がおススメ
0歳から加入できる一生涯保障の医療保険
LinkIcon妊娠出産でも医療保険は保障の対象ですか?
医療保険が必要な人と必要でない人
医療保険の加入率は?
ネットで医療保険加入の選び方
保険料が無料になる医療保険
妊娠していますが医療保険に入れますか?
医療保険のパンフレットで確認したいこと
医療保険とがん保険のセット商品
夫婦型保険加入時の注意点
お祝い金付の医療保険の方がお得ですか?
一括払の医療保険
いろいろ保障がある方が安心ですか?
保険料を安くするなら定期タイプ
ダブっている保障はないか?
経営者の医療保険は法人契約がベスト?
自営業者の医療保険
医療保険に入り直す際の注意点
医療保険は入り直した方が安い?
生命保険料控除を使って節税?
医療保険なのに介護医療保険料控除?
差額ベッド代を確保するために医療保険に加入
医療保険に加入しないという選択肢も
医療保険からお金がもらえない場合
医療保険ってなに?
公的な健康保険と医療保険の違い
医療保険は必要ですか?
もし入院したら?
こどもの医療保険は必要?
医療保険とがん保険の違い
医療保険に入るベストタイミングは?
医療保険と健康保険の違い
保障期間はいつまでがいいのか?
医療保険の通院保障は必要か?
払済保険のメリットとデメリット
放射線治療保障がない保険は見直すべき?
先進医療保障が無い医療保険は意味がない?
クーリングオフ制度ってなに?
いつから保障が開始されるのか?
クレジットカード払でポイントが貯まる
告知書に記入すべき事項がある場合の対策
病気等による加入制限のパターン
申込をしても加入できない?
日帰り入院でも受け取れるとは?
医療保険の加入制限はありますか?
終身?定期?の違いは?
入院は何日でも?
病気の人でも入れる医療保険
持病がある人でも入れる医療保険の選び方
医療保険「払済」タイプのデメリット
女性向け医療保険には入った方がお得?
お金を貯めるなら医療保険より貯蓄
入院日数が短くなっている2つの理由
通院保障付きの医療保険は必要か?
お祝い金付き保険の選び方
離婚と保険の見直し
給付金は請求しないと受け取れない?
交通事故でも医療保険は使える?
複数の保険会社に加入していても大丈夫?
受け取った給付金は非課税
医療保険をやめるには?
こどもに契約を移すことは可能?
本人に病気を知らせていなくても請求できますか?
入院したら誰が請求するのですか?
入院していたことを忘れて解約しましたが請求できますか?
保険の断り方
がん保険の基本保障
LinkIcon夫婦型のがん保険のデメリット
入院日数の制限はありますか?
がん保険には様々な給付がある
保障内容をシンプルにして保険料を抑える
診断給付金複数回払いの注意点
がんと仕事の心配
通院保障は請求の面倒さもある
がん保険と医療保険の組み合わせ
がん保険の保険料を抑えるなら定期タイプ
上皮内新生物とは?
一時金タイプと都度給付タイプ
がん保険と医療保険のセット商品
がん保険に加入したら家族と情報共有
がんに罹患した人の保険選び
がん保険の請求は慎重に
民間療法や代替療法は保障の対象?
がん保険と三大疾病保険は違います
がん保険に入っていても保障されないことはありますか?
がん保険と医療保険はまったく違う保険です
がん保険には「終身と定期」の2タイプがあります
がんになったら必ずがん保険が役立つわけではありません
古いがん保険でも役に立つのでしょうか?
がん保険は発売から40年の保険です。
がん保険には保障されない期間があります
がん保険加入の最低条件は?
医療保険に入っているのでがん保険は不要ですか?
旧いがん保険と新しいがん保険の違いは?
がんになったら誰が請求するのですか?
がん保険に入っていても保険が使えない?
がん保険の解約は簡単ですが
通院が保障されないがん保険
がん保険の加入は家族に知らせる
JR千里丘駅前のアフラック
医療保険相談室
保険料の調べ方
生命保険料控除