医療保険の選び方

最適な医療保険選び

通院保障付きの医療保険は必要か?

通院保障付きの医療保険が必要かどうか?は、ご自身の住環境も考えて考慮する必要があります。
お住まいの地域や環境によって、医療保険の通院保障に対する必要性や考え方は変わってきます。今回は通院保障付の医療保険について書きます。

通院保障付の医療保険が増えています

最近は通院保障が付いていることをセールスポイントにしている医療保険が増えてきています。
一方で、通院保障がまったくない医療保険も存在します。
がん保険に関しても、通院保障強化をセールスポイントにしている保険会社があります。
厚生労働省のホームページで公開されている情報では、入院日数(在院日数)が減り、外来による通院治療が増えている傾向にあることが確認できます。
実際、医療の現場では入院は短期化される傾向にあります。それは、診療報酬という病院の収入に関する面と医療技術の発達という2つの面から分かります。

病院事情による入院日数の短期化

病院の収入の大きな要因である「診療報酬」の規定では、一定期間以上の入院については診療報酬が減額されるようになっています。
病院としては10日入院しても、1年間入院しても患者にかかる1日当たりの費用は同じです。ところが、患者から受け取る治療費の1日当たりの単価は長期入院している方が安くなるようになっています。
病院としては、短期の入院患者で回転を良くする方が収益により貢献するという仕組みなっているのです。

2つ目の要因は医療技術の発達です。
医療技術の発達により、患者さんは身体的な負担が減り、長期入院しなくても回復が早くなる傾向にあります。
詳細は、「入院日数が短くなっている2つの理由」で解説しています。
先ほどの診療報酬の規定と医療技術の発達という2つの要因により、入院は短期化傾向にあるのです。

入院が短期化することは一つのメリットですが、すべての人が短い入院期間で治療が終了するわけではありません。入院が短くなった分、外来(通院)で治療後の経過観察や継続的な治療が行われているのです。


 

通院保障が必要かどうかの判断

このように、病院の事情を考えれば医療保険やがん保険に付いている「通院保障」はより役に立つ重要な存在と言えるかもしれません。
しかし、実際に医療保険に通院保障を付加するかどうかの判断はご自身の住環境も十分に考慮する必要があります。
①病院があまりない地域に住んでいる場合
②徒歩圏内に病院が多くある地域に住んでいる場合

この2つの住環境では、実際に病気やケガで通院をした場合の「通院保障を利用する回数」というのは大きく変わることでしょう。
毎日病院に行っても距離、時間共に余裕がある場合。
時間と労力をかけて通院する必要がある場合
この2つでは通院回数に大きな差が出てくるのは当然です。
民間の医療保険に付加されている「通院保障」は、実際にかかった費用ではなく「通院回数×保障額」です。一日3,000円の通院保障が付加されている医療保険であれば、
■1ヶ月に3回の通院 3,000円×3回=9,000円
■1ヶ月に10回の通院 3,000円×10回=30,000円


というように、受け取れる給付金に大きな差額が発生します。
入院であれば、病院が日数を決めることがほとんですので、ご自身の環境等による日数の変化に影響がでることはありません。
しかし、通院となるとご自身の環境によって「使える・使えない」保障という影響がありますので十分な考慮が必要です。
 

①病院があまりない地域に住んでいる

山間部や地方都市などでご自宅の近くに治療できるための病院がないという場合。
交通事情等により通院に行く回数が少なくなることはありますが、通院にかかる費用と時間は増える可能性が考えられます。
通院回数は減らしたいが、病気の治療のために通院はどうしても必要。であるならば、通院保障を持っておくことで、通院回数当たりの費用負担を通院保障で補うという考え方もできます。

②徒歩圏内に病院が多くある地域に住んでいる場合

極端な話ですが「自宅の隣が病院」という方であれば、病院に通うのに交通費の心配はありません。
外来治療の場合、治療にかかる費用は健康保険を利用することで治療費の自己負担額は低くなります。
このような方は、医療保険の通院部分の保険料と実際に受けることができる保障の内容を考慮して必要な保険かどうかを判断することが必要です。

もし、ご自身の住環境で病気になってしまい、入院後も継続的な治療が必要となったら、どうするか?ということを事前に想定した上で、通院保障が付いた医療保険を選ばれるのがおススメです。
 

保険の選び方

医療保険はどんな保険?
LinkIcon将来見直しができる医療保険がおススメ
0歳から加入できる一生涯保障の医療保険
LinkIcon妊娠出産でも医療保険は保障の対象ですか?
医療保険が必要な人と必要でない人
医療保険の加入率は?
ネットで医療保険加入の選び方
保険料が無料になる医療保険
妊娠していますが医療保険に入れますか?
医療保険のパンフレットで確認したいこと
医療保険とがん保険のセット商品
夫婦型保険加入時の注意点
お祝い金付の医療保険の方がお得ですか?
一括払の医療保険
いろいろ保障がある方が安心ですか?
保険料を安くするなら定期タイプ
ダブっている保障はないか?
経営者の医療保険は法人契約がベスト?
自営業者の医療保険
医療保険に入り直す際の注意点
医療保険は入り直した方が安い?
生命保険料控除を使って節税?
医療保険なのに介護医療保険料控除?
差額ベッド代を確保するために医療保険に加入
医療保険に加入しないという選択肢も
医療保険からお金がもらえない場合
医療保険ってなに?
公的な健康保険と医療保険の違い
医療保険は必要ですか?
もし入院したら?
こどもの医療保険は必要?
医療保険とがん保険の違い
医療保険に入るベストタイミングは?
医療保険と健康保険の違い
保障期間はいつまでがいいのか?
医療保険の通院保障は必要か?
払済保険のメリットとデメリット
放射線治療保障がない保険は見直すべき?
先進医療保障が無い医療保険は意味がない?
クーリングオフ制度ってなに?
いつから保障が開始されるのか?
クレジットカード払でポイントが貯まる
告知書に記入すべき事項がある場合の対策
病気等による加入制限のパターン
申込をしても加入できない?
日帰り入院でも受け取れるとは?
医療保険の加入制限はありますか?
終身?定期?の違いは?
入院は何日でも?
病気の人でも入れる医療保険
持病がある人でも入れる医療保険の選び方
医療保険「払済」タイプのデメリット
女性向け医療保険には入った方がお得?
お金を貯めるなら医療保険より貯蓄
入院日数が短くなっている2つの理由
通院保障付きの医療保険は必要か?
お祝い金付き保険の選び方
離婚と保険の見直し
給付金は請求しないと受け取れない?
交通事故でも医療保険は使える?
複数の保険会社に加入していても大丈夫?
受け取った給付金は非課税
医療保険をやめるには?
こどもに契約を移すことは可能?
本人に病気を知らせていなくても請求できますか?
入院したら誰が請求するのですか?
入院していたことを忘れて解約しましたが請求できますか?
がん保険の基本保障
LinkIcon夫婦型のがん保険のデメリット
入院日数の制限はありますか?
がん保険には様々な給付がある
保障内容をシンプルにして保険料を抑える
診断給付金複数回払いの注意点
がんと仕事の心配
通院保障は請求の面倒さもある
がん保険と医療保険の組み合わせ
がん保険の保険料を抑えるなら定期タイプ
上皮内新生物とは?
一時金タイプと都度給付タイプ
がん保険と医療保険のセット商品
がん保険に加入したら家族と情報共有
がんに罹患した人の保険選び
がん保険の請求は慎重に
民間療法や代替療法は保障の対象?
がん保険と三大疾病保険は違います
がん保険に入っていても保障されないことはありますか?
がん保険と医療保険はまったく違う保険です
がん保険には「終身と定期」の2タイプがあります
がんになったら必ずがん保険が役立つわけではありません
古いがん保険でも役に立つのでしょうか?
がん保険は発売から40年の保険です。
がん保険には保障されない期間があります
がん保険加入の最低条件は?
医療保険に入っているのでがん保険は不要ですか?
旧いがん保険と新しいがん保険の違いは?
がんになったら誰が請求するのですか?
がん保険に入っていても保険が使えない?
がん保険の解約は簡単ですが
通院が保障されないがん保険
がん保険の加入は家族に知らせる
JR千里丘駅前のアフラック
医療保険相談室
保険料の調べ方
 
ゴールドリボンウォーク