医療保険の選び方

最適な医療保険選び

離婚と保険の見直し

保険見直しのきっかけとして多いのは「結婚・出産・離別」です。
特に離婚は、今まで夫婦や家族で持っていた保障がそれぞれ別々になりますので、必然的に保険の見直しが必要になります。

保険の見直しは離婚前に

理想ではありますが「保険見直しは離婚前」にされておくことをおススメします。
といってもご家庭の状況や夫婦間の現実問題として、離婚前は夫婦間での話し合いが難しかったり、「保険どころではない」という方もいらっしゃるかもしれません。
可能な限りではありますが、できれば離婚前に夫婦間で話し合いができる状況で「保険の見直し」についても話し合っておかれるのがおススメです。
 

契約者は誰?

離婚に関しての一番の問題は「契約者」が誰になっているかです。
保険契約の権利はすべて「契約者」にあります。
契約者には保険を継続する権利も解約する権利もあります。
 
例えば、契約者:夫、被保険者:妻 という契約の場合。
離婚をしていても、保険会社に変更の手続きと届け出をしない限りは契約の形態は変わりません。
また、離婚後に妻の知らないところで契約者である夫が妻が被保険者(保障の対象)となっている保険を解約したとしても、被保険者の妻にはどうすることもできません。
離婚の場合、まずはご契約されている保険契約の「契約者」を誰にするのかを話し合っておかれるのがベストです。
特に資産形成効果の高い「終身保険・養老保険・個人年金保険・学資保険」等は、各保険に貯まっているお金の権利を誰が持つのか?ということになります。
学資保険であれば、それまでに貯まったお金と実際にこどもを養育する人。そして、離婚後の保険料を払う人。を決めなければなりません。
終身保険や養老保険等の資産形成効果が高い保険は保険に貯まっている「解約払戻金」はそのまま現金としての資産と見ることができます。


 

夫婦は自立した保障を持つことがおススメ

「離婚に備えて」というわけではありませんが、保険契約をされる時点から「家族それぞれが自立した保障」を持つことをおススメします。
夫は夫の保障。妻は妻の保障。子供は子供の保障というように、家族それぞれが独自の保険・保障を持つという保険の選び方をするということです。
最近はあまり見かけなくなりましたが「夫婦型・家族型」の保険は、離婚や離別をすると配偶者の片方が保障の維持という点で不利になる場合も多いようです。
離婚を想定する必要はありませんが夫婦はいつか必ず『離別』の時が訪れます。それは離婚かもしれませんし、死別かもしれません。そのような夫婦が別々になった際にも夫婦それぞれがしっかりとした保障を維持できるような保険加入をされておくのがいいのではないでしょうか。
 

家族それぞれが独立した保障

医療保険であれば、夫婦、家族がそれぞれに独立した独自の保障を持っておくことができます。
もし将来的に家族が離別するということになったとしても自分の保障を維持し続けることができるように備えておくというのも一つの安心ではないでしょうか。
夫婦であれば、離婚してもそれぞれが独自の契約を維持することができます。
子供であれば、両親が離婚してもその後に養育する親が契約の権利を引き継ぐことで保障を維持することができます。また、お子さまが大きくなり就職をされてご自身で保険料を払えるようになった時は、ご自身の保障として契約を継続することが可能です。
 
 

離婚により保障が無くなるリスク

 
実際にご夫婦で保険に入られていた方が離婚をされ、妻の保障が無くなったという方の事例です。
ご夫婦タイプの医療保険に入っておられました。夫の保障にサブとして妻の保障が付くことで保障内容は小さいものの、個々に加入するよりも安い保険料で加入できるということでした。
加入後に妻は「乳がん」と診断され治療。乳がんの治療に関しては加入している保険から保障され、保障は小さかったものの「保険に加入していて良かった」と思われました。
その後、ご夫婦は離婚されることになり保険契約の手続きをされたところ「夫はそのまま保険を継続できますが、別戸籍になる妻は保障を継続することができません。独自に保険に加入する必要があります。」ということになりました。
 
しかし、離婚後に保険に申し込んでみると以前の乳がん治療から年数が経過していなかったために医療保険には入ることができませんでした。当然ながら、がんに罹患しているためがん保険にも加入することができません。
乳がんの治療が終了してから数年は医療保険には入ることができなかったのです。
 
こういったケースは特に珍しいことではなく、離婚により保障が外れたことにより加入できる保険が無くなってしまった。ということは起こりえる事態です。
 

離婚と保険の見直し

結婚された頃、ご夫婦で保険について一緒に考えておられた頃は「離婚なんて。。」想定もされなかったかもしれません。
近年、離婚率は「3組に1組」と言われています。もはや他人事ではないのが離婚です。
結果的に離婚が無かったとしても、離婚を想定した保険選び、保険設計をしておくことでご家族それぞれがしっかりとした独自の保障を持つことができます。あまり考えたくはないことかもしれませんが、想定されるリスクの一つとして保険と離婚ということも頭においておかれるのがおススメです。
 
 

保険の選び方

医療保険はどんな保険?
LinkIcon生命保険料控除の疑問
LinkIcon医療保険の見直し方
LinkIcon医療保険の通院特約は必要か?
LinkIcon医療保険の見直しタイミング
LinkIcon離婚をしたら保険はどうなる?
LinkIcon医療保険に入らない人の理由は?
LinkIcon医療保険に保険料免除は付ける?
LinkIcon将来見直しができる医療保険がおススメ
0歳から加入できる一生涯保障の医療保険
LinkIcon妊娠出産でも医療保険は保障の対象ですか?
医療保険が必要な人と必要でない人
医療保険の加入率は?
ネットで医療保険加入の選び方
保険料が無料になる医療保険
妊娠していますが医療保険に入れますか?
医療保険のパンフレットで確認したいこと
医療保険とがん保険のセット商品
夫婦型保険加入時の注意点
お祝い金付の医療保険の方がお得ですか?
一括払の医療保険
いろいろ保障がある方が安心ですか?
保険料を安くするなら定期タイプ
ダブっている保障はないか?
経営者の医療保険は法人契約がベスト?
自営業者の医療保険
医療保険に入り直す際の注意点
医療保険は入り直した方が安い?
生命保険料控除を使って節税?
医療保険なのに介護医療保険料控除?
差額ベッド代を確保するために医療保険に加入
医療保険に加入しないという選択肢も
医療保険からお金がもらえない場合
医療保険ってなに?
公的な健康保険と医療保険の違い
医療保険は必要ですか?
もし入院したら?
こどもの医療保険は必要?
医療保険とがん保険の違い
医療保険に入るベストタイミングは?
医療保険と健康保険の違い
保障期間はいつまでがいいのか?
医療保険の通院保障は必要か?
払済保険のメリットとデメリット
放射線治療保障がない保険は見直すべき?
先進医療保障が無い医療保険は意味がない?
クーリングオフ制度ってなに?
いつから保障が開始されるのか?
クレジットカード払でポイントが貯まる
告知書に記入すべき事項がある場合の対策
病気等による加入制限のパターン
申込をしても加入できない?
日帰り入院でも受け取れるとは?
医療保険の加入制限はありますか?
終身?定期?の違いは?
入院は何日でも?
病気の人でも入れる医療保険
持病がある人でも入れる医療保険の選び方
医療保険「払済」タイプのデメリット
女性向け医療保険には入った方がお得?
お金を貯めるなら医療保険より貯蓄
入院日数が短くなっている2つの理由
通院保障付きの医療保険は必要か?
お祝い金付き保険の選び方
離婚と保険の見直し
給付金は請求しないと受け取れない?
交通事故でも医療保険は使える?
複数の保険会社に加入していても大丈夫?
受け取った給付金は非課税
医療保険をやめるには?
こどもに契約を移すことは可能?
本人に病気を知らせていなくても請求できますか?
入院したら誰が請求するのですか?
入院していたことを忘れて解約しましたが請求できますか?
保険の断り方
がん保険の基本保障
LinkIcon夫婦型のがん保険のデメリット
入院日数の制限はありますか?
がん保険には様々な給付がある
保障内容をシンプルにして保険料を抑える
診断給付金複数回払いの注意点
がんと仕事の心配
通院保障は請求の面倒さもある
がん保険と医療保険の組み合わせ
がん保険の保険料を抑えるなら定期タイプ
上皮内新生物とは?
一時金タイプと都度給付タイプ
がん保険と医療保険のセット商品
がん保険に加入したら家族と情報共有
がんに罹患した人の保険選び
がん保険の請求は慎重に
民間療法や代替療法は保障の対象?
がん保険と三大疾病保険は違います
がん保険に入っていても保障されないことはありますか?
がん保険と医療保険はまったく違う保険です
がん保険には「終身と定期」の2タイプがあります
がんになったら必ずがん保険が役立つわけではありません
古いがん保険でも役に立つのでしょうか?
がん保険は発売から40年の保険です。
がん保険には保障されない期間があります
がん保険加入の最低条件は?
医療保険に入っているのでがん保険は不要ですか?
旧いがん保険と新しいがん保険の違いは?
がんになったら誰が請求するのですか?
がん保険に入っていても保険が使えない?
がん保険の解約は簡単ですが
通院が保障されないがん保険
がん保険の加入は家族に知らせる
JR千里丘駅前のアフラック
医療保険相談室
保険料の調べ方
生命保険料控除