医療保険の選び方

最適な医療保険選び

0歳から加入できる一生涯保障の医療保険

「0歳」から加入できる一生涯保障タイプの医療保険があります。
「0歳」から加入することで保険料は大人に比べて安くなりますが、保険料を支払う期間が長いので保険料払込の総額についても考えておく必要があります。
「0歳」の子供の一生涯保障の医療保険はお得なのでしょうか?

一生涯保障の魅力

0歳から続く一生涯保障の医療保険というのは魅力的です。
保険料も大人に比べると安く、保障がずっと続く安心感が得られます。
加入時に既に病気になられているお子様は加入が難しいですが、大人に比べると成人病などのリスクが低いため、医療保険に加入できる健康状態のお子様であれば医療保険の加入が可能です。
医療保険の加入時には収入や職業による制限がありますが、子供の場合はそういった点での心配はありません。
多くの場合、大人に比べると加入しやすい保険であると言えます。
 

親が安心できる子供の医療保険

子供の医療保険は「必要ないのでは?」と思われる方もいらっしゃいます。
こどもの医療保険は必要?
上記のリンク先の記事にも書いていますが、自治体の支援によりある一定年齢までは「こどもの医療費は一定額まで」と、子供の場合は医療費負担額が大人に比べると低いのが特長です。
しかし、実際にお子様が病気やケガをして入院をするとなると医療費よりも心配なのが「親の負担」です。お子様が入院をすれば、親の生活リズムが変わります。入院生活が長引けば、親の収入にも影響を与える可能性があります。
お子様の医療保険は、子供の医療費をサポートするという考え方と、子供が入院したときの親の負担をサポートしてくれる保険という考え方もができるのではないでしょうか。
 

こどもへのプレゼント

医療保険は契約時は親が契約者となって、保障の対象となる「被保険者」をお子様という契約になりますが、お子さまが自立された時に契約者をお子様自身に変更して契約の権利を子供に譲渡することが可能です。
親として資金的に様々な援助をすることはできますが、お金を渡すというのはある意味では一時的なもので残念ながら「忘れられやすい」プレゼントでもあります。
医療保険はお子様が契約者として継続する限りはずっと契約が続きます。
「この医療保険は子どもの頃に親が入っていてくれた保険」というように、プレゼントした医療保険はずっと忘れられない存在となります。
親から子へのメッセージの一つになるのではないでしょうか。
 

一生涯保障の欠点

終身タイプの医療保険は「一生涯」保障が続くのが特長です。
0歳から加入したとして、平均寿命まで生きたとすると約80年は契約が継続することになります。問題は、80年後も同じ保障内容で医療保険を継続していることに意味があるのか?ということです。
特に近年の医療に関する変化は激しく、それに伴って数十年前の医療保険は時代遅れの医療保険と揶揄されることも多々あります。
子どもの頃に入った医療保険は、子供時代は最新の有効な医療保険かもしれませんが、大人になり、老齢になった時に有効かどうかは誰にも分かりません。
長く継続できる一生涯保障の医療保険の欠点はここにあります。


 

病気になっても安心

時代によって新しい医療保険が誕生していますが、新しい医療保険に誰でも加入できるのかというとそうではありません。
新しく発売された医療保険の加入を検討したとしても、それまでに大きな病気をしていたり、治療が継続している場合は新しい医療保険に加入することができない場合があります。
そうなった時には、以前から契約をしている医療保険は非常に重要な存在となります。
例えば、お子さまが「小児がん」のような大きな病気になったり、精神的な疾患で入退院を繰り返されることが多い。というような場合は新しく医療保険に加入することができません。
また、大人になり病状がある程度落ち着いて社会生活ができるようになったとしても、病気の状態や治療内容によっては医療保険には加入できない可能性もあります。
そうなると、親が入っていてくれた医療保険の存在をありがたく感じるのではないでしょうか?
 

保険会社は限定される

「0歳から加入」できる医療保険を発売している保険会社は限られています。
医療保険には加入年齢が設定されていて、何歳から何歳まで加入できます。というのが保険商品によって決まっています。
お子様の医療保険の必要性を感じられたのであれば、お子様の年齢でも加入できる医療保険を探す必要があります。
 

保険の選び方

医療保険はどんな保険?
LinkIcon生命保険料控除の疑問
LinkIcon医療保険の見直し方
LinkIcon医療保険の通院特約は必要か?
LinkIcon医療保険の見直しタイミング
LinkIcon離婚をしたら保険はどうなる?
LinkIcon医療保険に入らない人の理由は?
LinkIcon医療保険に保険料免除は付ける?
LinkIcon将来見直しができる医療保険がおススメ
0歳から加入できる一生涯保障の医療保険
LinkIcon妊娠出産でも医療保険は保障の対象ですか?
医療保険が必要な人と必要でない人
医療保険の加入率は?
ネットで医療保険加入の選び方
保険料が無料になる医療保険
妊娠していますが医療保険に入れますか?
医療保険のパンフレットで確認したいこと
医療保険とがん保険のセット商品
夫婦型保険加入時の注意点
お祝い金付の医療保険の方がお得ですか?
一括払の医療保険
いろいろ保障がある方が安心ですか?
保険料を安くするなら定期タイプ
ダブっている保障はないか?
経営者の医療保険は法人契約がベスト?
自営業者の医療保険
医療保険に入り直す際の注意点
医療保険は入り直した方が安い?
生命保険料控除を使って節税?
医療保険なのに介護医療保険料控除?
差額ベッド代を確保するために医療保険に加入
医療保険に加入しないという選択肢も
医療保険からお金がもらえない場合
医療保険ってなに?
公的な健康保険と医療保険の違い
医療保険は必要ですか?
もし入院したら?
こどもの医療保険は必要?
医療保険とがん保険の違い
医療保険に入るベストタイミングは?
医療保険と健康保険の違い
保障期間はいつまでがいいのか?
医療保険の通院保障は必要か?
払済保険のメリットとデメリット
放射線治療保障がない保険は見直すべき?
先進医療保障が無い医療保険は意味がない?
クーリングオフ制度ってなに?
いつから保障が開始されるのか?
クレジットカード払でポイントが貯まる
告知書に記入すべき事項がある場合の対策
病気等による加入制限のパターン
申込をしても加入できない?
日帰り入院でも受け取れるとは?
医療保険の加入制限はありますか?
終身?定期?の違いは?
入院は何日でも?
病気の人でも入れる医療保険
持病がある人でも入れる医療保険の選び方
医療保険「払済」タイプのデメリット
女性向け医療保険には入った方がお得?
お金を貯めるなら医療保険より貯蓄
入院日数が短くなっている2つの理由
通院保障付きの医療保険は必要か?
お祝い金付き保険の選び方
離婚と保険の見直し
給付金は請求しないと受け取れない?
交通事故でも医療保険は使える?
複数の保険会社に加入していても大丈夫?
受け取った給付金は非課税
医療保険をやめるには?
こどもに契約を移すことは可能?
本人に病気を知らせていなくても請求できますか?
入院したら誰が請求するのですか?
入院していたことを忘れて解約しましたが請求できますか?
保険の断り方
がん保険の基本保障
LinkIcon夫婦型のがん保険のデメリット
入院日数の制限はありますか?
がん保険には様々な給付がある
保障内容をシンプルにして保険料を抑える
診断給付金複数回払いの注意点
がんと仕事の心配
通院保障は請求の面倒さもある
がん保険と医療保険の組み合わせ
がん保険の保険料を抑えるなら定期タイプ
上皮内新生物とは?
一時金タイプと都度給付タイプ
がん保険と医療保険のセット商品
がん保険に加入したら家族と情報共有
がんに罹患した人の保険選び
がん保険の請求は慎重に
民間療法や代替療法は保障の対象?
がん保険と三大疾病保険は違います
がん保険に入っていても保障されないことはありますか?
がん保険と医療保険はまったく違う保険です
がん保険には「終身と定期」の2タイプがあります
がんになったら必ずがん保険が役立つわけではありません
古いがん保険でも役に立つのでしょうか?
がん保険は発売から40年の保険です。
がん保険には保障されない期間があります
がん保険加入の最低条件は?
医療保険に入っているのでがん保険は不要ですか?
旧いがん保険と新しいがん保険の違いは?
がんになったら誰が請求するのですか?
がん保険に入っていても保険が使えない?
がん保険の解約は簡単ですが
通院が保障されないがん保険
がん保険の加入は家族に知らせる
JR千里丘駅前のアフラック
医療保険相談室
保険料の調べ方
生命保険料控除