医療保険の選び方

最適な医療保険選び

離婚をしたら保険はどうなる?

日本人の離婚率はおよそ「3組に1組」と言われています。この数字だけを見れば、多くの夫婦にとって離婚は他人事ではないことが分かります。
離婚をすると加入している保険はどうなるのか?を中心に解説していきます。

3組に1組が離婚

厚生労働省の「平成27年(2015年)人口動態統計(確定数)の概況」によると、婚姻件数63 万組に対して、離婚件数は22 万組となっています。この数字を見ると、日本人のおよそ3組に1組が離婚しているということがわかります。
3つの家庭があれば、その内の1家庭は離婚しているということになります。
皆さんのまわりでも、身近に離婚をした夫婦がいらっしゃるのではないでしょうか。
結婚時に離婚することは考えないでしょうが、2人の他人である夫婦が生活を共にすることで離婚という選択肢を考えなくてはいけない状況になることもあるでしょう。
そんな時に加入している保険はどうなるのか?を考えておく必要があります。
 

個人の契約か夫婦・家族型か?

最近は、保険会社が商品を発売していないこともあり、契約自体が少なくなって機ましたが夫婦型、家族型の保険に加入されている方は、離婚の際は注意が必要です。
夫婦2人がセットで加入することで成立する夫婦型保険ですので、離婚することで夫婦型保険は成立しなくなってしまいます。
夫がメインの被保険者(保障の対象となる人)、妻が従たる被保険者という場合は、保険会社や保険商品の種類にもよりますが、離婚によって従たる被保険者の保障が外れ、主たる被保険者のみの個人契約として保険を継続することができます。
当然ながら、保険から外れた妻は保障が無くなってしまいますので、離婚を機に新たに保険に入り直す必要があります。
 

契約者は誰か?

保険契約の権利は「契約者」にあります。
例えば、夫の口座から保険料を支払い「夫を契約者」として妻が保障の対象となる保険に加入している場合。
離婚をしても保険自体を継続することができますが、契約者を妻に変更し、保険料の支払も妻に変更する手続きが必要です。
手続き時には契約時点での契約者による手続きが必要ですので、夫婦間で連絡を取ることが難しい、連絡を取りたくない。といった場合には手続きに時間がかかる可能性もあります。
 

受取人の変更を忘れずに

離婚をきっかけとして保険の各種手続きで忘れがちなのが「受取人の変更」です。
受取人に指定されていれば、例え離婚をしたとしても権利は保持されています。
例えば、
配偶者を受取人の保険に加入している。離婚をして再婚。新しい配偶者に受取人を変更することなく、保険の対象となる入院等があった場合。受取人は元の配偶者ということになります。
保険金や給付金の請求は元の配偶者からしてもらう必要がありますし、何よりもお金が元の配偶者に入る。ということになってしまいます。
元の配偶者と連絡を取ることができるのであれば、双方の相談ということができるかもしれませんが、配偶者と連絡が取るのが難しい場合等は手続きが非常に面倒になります。
離婚をされたら、加入されている保険の「受取人の変更」は忘れずに手続きをされることがおススメです。
 

離婚をきっかけに保険を見直す

離婚によってライフスタイルは大きく変わります。
離婚に限らず、ライフスタイルの変化をきっかけにして保険の加入を見直しされる方は多くいらっしゃいます。
そして、離婚された後にどのような人生を選ばれるかによっても保険の見直し方は大きく異なります。
離婚後は再婚をされずにシングルになられるという場合は、遺族のための死亡保険よりも生きている間に利用することができる医療保険やがん保険の見直しをされる方が多いのが特長です。
また、ご自身が亡くなったとしてもこどもの養育費を確保するために子供を受取人とした生命保険に加入するという方もいらっしゃいます。

離婚後に再婚の予定がある。という方は、新しいパートナーと一緒に保険のことを考えられるのが良いでしょう。特にお子様がいらっしゃる場合には、死亡保険金がある保険等の「受取人」をどなたにされるかは重要です。
離婚後に
 
 

保険の選び方

医療保険はどんな保険?
LinkIcon生命保険料控除の疑問
LinkIcon医療保険の見直し方
LinkIcon医療保険の通院特約は必要か?
LinkIcon医療保険の見直しタイミング
LinkIcon離婚をしたら保険はどうなる?
LinkIcon医療保険に入らない人の理由は?
LinkIcon医療保険に保険料免除は付ける?
LinkIcon将来見直しができる医療保険がおススメ
0歳から加入できる一生涯保障の医療保険
LinkIcon妊娠出産でも医療保険は保障の対象ですか?
医療保険が必要な人と必要でない人
医療保険の加入率は?
ネットで医療保険加入の選び方
保険料が無料になる医療保険
妊娠していますが医療保険に入れますか?
医療保険のパンフレットで確認したいこと
医療保険とがん保険のセット商品
夫婦型保険加入時の注意点
お祝い金付の医療保険の方がお得ですか?
一括払の医療保険
いろいろ保障がある方が安心ですか?
保険料を安くするなら定期タイプ
ダブっている保障はないか?
経営者の医療保険は法人契約がベスト?
自営業者の医療保険
医療保険に入り直す際の注意点
医療保険は入り直した方が安い?
生命保険料控除を使って節税?
医療保険なのに介護医療保険料控除?
差額ベッド代を確保するために医療保険に加入
医療保険に加入しないという選択肢も
医療保険からお金がもらえない場合
医療保険ってなに?
公的な健康保険と医療保険の違い
医療保険は必要ですか?
もし入院したら?
こどもの医療保険は必要?
医療保険とがん保険の違い
医療保険に入るベストタイミングは?
医療保険と健康保険の違い
保障期間はいつまでがいいのか?
医療保険の通院保障は必要か?
払済保険のメリットとデメリット
放射線治療保障がない保険は見直すべき?
先進医療保障が無い医療保険は意味がない?
クーリングオフ制度ってなに?
いつから保障が開始されるのか?
クレジットカード払でポイントが貯まる
告知書に記入すべき事項がある場合の対策
病気等による加入制限のパターン
申込をしても加入できない?
日帰り入院でも受け取れるとは?
医療保険の加入制限はありますか?
終身?定期?の違いは?
入院は何日でも?
病気の人でも入れる医療保険
持病がある人でも入れる医療保険の選び方
医療保険「払済」タイプのデメリット
女性向け医療保険には入った方がお得?
お金を貯めるなら医療保険より貯蓄
入院日数が短くなっている2つの理由
通院保障付きの医療保険は必要か?
お祝い金付き保険の選び方
離婚と保険の見直し
給付金は請求しないと受け取れない?
交通事故でも医療保険は使える?
複数の保険会社に加入していても大丈夫?
受け取った給付金は非課税
医療保険をやめるには?
こどもに契約を移すことは可能?
本人に病気を知らせていなくても請求できますか?
入院したら誰が請求するのですか?
入院していたことを忘れて解約しましたが請求できますか?
保険の断り方
がん保険の基本保障
LinkIcon夫婦型のがん保険のデメリット
入院日数の制限はありますか?
がん保険には様々な給付がある
保障内容をシンプルにして保険料を抑える
診断給付金複数回払いの注意点
がんと仕事の心配
通院保障は請求の面倒さもある
がん保険と医療保険の組み合わせ
がん保険の保険料を抑えるなら定期タイプ
上皮内新生物とは?
一時金タイプと都度給付タイプ
がん保険と医療保険のセット商品
がん保険に加入したら家族と情報共有
がんに罹患した人の保険選び
がん保険の請求は慎重に
民間療法や代替療法は保障の対象?
がん保険と三大疾病保険は違います
がん保険に入っていても保障されないことはありますか?
がん保険と医療保険はまったく違う保険です
がん保険には「終身と定期」の2タイプがあります
がんになったら必ずがん保険が役立つわけではありません
古いがん保険でも役に立つのでしょうか?
がん保険は発売から40年の保険です。
がん保険には保障されない期間があります
がん保険加入の最低条件は?
医療保険に入っているのでがん保険は不要ですか?
旧いがん保険と新しいがん保険の違いは?
がんになったら誰が請求するのですか?
がん保険に入っていても保険が使えない?
がん保険の解約は簡単ですが
通院が保障されないがん保険
がん保険の加入は家族に知らせる
JR千里丘駅前のアフラック
医療保険相談室
保険料の調べ方
生命保険料控除